Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

市場価値を高める方法は?希少(レア)な人材を目指す人のお勧め本

      2016/05/08

希少価値のある人材になる必要性と方法が書いてあります。

「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法 東洋経済新報社」
藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

本書を読んだ方がいい人は?

・今の仕事を続けていくかどうか迷っている会社員
・今の会社で10年後も生き残っていく方法を知りたい会社員
・これからずっと、お金を稼げるのか漠然と不安な人

本書が最も言いたいことは?

本書が最も言いたいことは、「人と比べてレア(稀有)な人間になること。そうすれば、食いっぱぐれない」 ということです。

具体的には、

ある分野で100人に1人になれたら30代でもう一つの分野に挑戦して2つの分野で100人に1人をめざしましょう。 それができたら40代でまた別の分野に挑戦して3つの分野で100人に1人をめざします。 一つの分野でプロになったら、別の分野にスライドして 複数の分野でプロになる。 それこそが グローバルスーパーエリート以外の一般ビジネスパーソンが生きる道だと私は思います

一部の天才的な能力のある人を除いて、私たち凡人は、ひとつの分野で頂点を極めるというのは非常に難しいことです。

例えば、プロ野球選手の一軍として活躍する、アスリートとしてオリンピックに出場する、ノーベル賞を受賞など、ある分野で頂点を極められる人はほんの一握りです。その一握りの才能がある人は、1つの分野で集中して技術を磨いていくのも良い方法です。でも、普通の人はそんなことをしてもなかなか花が咲きません。

スポンサードリンク

100人に1人の人材なら、なれそうな気がしませんか?

だったら、まず一つの分野で100人に1人になる、それを達成したら、また別の分野で100人に1人の人材になるのが得策ということです。ある分野で、100人に1人の人材だったら、なんか頑張ればなれそうな気がしませんか?(こういう気持ちが大事です。これだったら自分にでも出来るという感覚を持つと、実現可能性が高くなってきます。)

「100人に1人」の分野を3つ持つと、掛け算をして、100人*100人*100人=100万人です。100万人1人の人材になります。100万人に1人の人材なら、相当希少価値があります。決して1つの分野でトップになる必要なんてないです。(ある程度のレベルの)自分の得意分野を複数組み合わせて価値を高めるという方法は誰にでも出来そうな気がします。

どんな組み合わせなら希少価値が出るのか?

例えば、ソフトウェア開発技術者の人が、英語が得意な場合。ソフトウェア開発のような技術系の職業の人は、理系の人が多いです。一般的に理系の人は英語があまり得意でなかったり、好きではありません。

なので、ソフトウェア技術者が、TOEICで600点とか700点といった、そこそこの英語力があるだけでも、とても希少価値の人材になります。たとえ、ソフトウェア開発技術が普通レベルであってもです。ここで重要なポイントは、1つの得意分野がそこそこのレベルであっても、組み合わせれば武器になる可能性があるということです。

一方で、海外営業の部署に所属する人の場合はどうでしょう。営業がそこそこ出来て、英語はTOEICでいうと600点や700点でそこそこであった場合、希少価値があるでしょうか?恐らく、そんなに希少価値はありません。なぜなら、海外営業の部署にいる人は、英語が出来る人が多いからです。この場合、希少価値を高めるためには、例えば以下のどれかが必要です。

①営業の仕事のレベルをトップレベルにする。

②英語は、TOEICでいうと最低限850点や900点のレベルにする。

③英語だけでなく、中国語などもう一つ別の言語も習得する。

※本来は、本業である営業の仕事のスキルを高めることが先決だとは思います。

1分野につき1万時間が必要?

100人に1人になるには 1万時間を挿入する必要があります。

この「1万時間」については、色々な自己啓発書でも言っています。

また本書では、レアな人材になる前の前提条件があります。それは、「パチンコはしない。電車の中で携帯ゲームにはまらない。代わりに本を読む」この3つの条件をクリアしている時点で、2*2*2=8、 つまり1/8の人材になれます。

経営学にランチェスター戦略という有名な戦略があります。弱者は全面展開する体力や資本がなく全面展開すると教者に必ず負けてしまうので ある一点に集中して確実に買っていくという方法です ランチェスター戦略は 人生の様々な状況においても有効な戦略です。

ランチェスター戦略は、人脈を広げる方法の中で誰でも簡単に真似が出来る実践的方法とは?でも紹介した竹田陽一先生も言っておられる事ですので、私たち凡人はこの戦略に従って行動するのは正しい方向だと思います。

スポンサードリンク

立花貴さんと税所篤快さんって?

このお二人は、とてもレアな人材になった例として取り上げられています。

たった一人でも世界は変わる。私がビジネスパートナーとして 一緒に活動をしているのが 第一章でも紹介した立花貴(たちばなたかし)くんです 彼は元々仙台市の前で 伊藤忠商事の社員だった男 今は 漁師の合同会社オーガッツの経営に参画しています

そして、

バングラデシュでは 税所篤快(さいしょあつよし)くんという男が 新しい教育システムを立ち上げました。 彼は元々落ちこぼれで偏差値28でしたが 東進ハイスクールのビデオ教材が 言っていたらしく 早稲田大学に合格 しかし 大学での講義 起きたところたいしたことないな と思い本を読むようになりました。 (中略) 彼はバングラディッシュの最高峰だった大学に入るためのビデオ 予備校を作りました。

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

PS.

初対面の人と(もちろん、相手がどんな相手でも)出会って10分で、その人から好印象を持たれる方法があります。

その方法とは何なのか?あなたのことを「特別だ」と思ってもらう、人脈構築の最強の方法が書いてある本があります。
※詳しくは、50ページを開いてください。

マル秘・人脈活用術

PS2.

希少価値といえば、ランチェスター経営の竹田陽一先生を取り上げている下記記事も参照してください↓

有給(年休)は何日取っている?取れないと悩む前に考え方を変えれば

人脈を広げる方法の中で誰でも簡単に真似が出来る実践的方法とは?

鈴木大地さんは水泳で金メダル取得後、再婚して本を出版していた

 

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

野村克也の本のおすすめ「俺の苦言を聞け」はサラリーマンの必読書

不器用なサラリーマン必見の本です(笑) 俺の苦言を聞け 野村克也 悟空出版  俺 …

仕事や勉強(学力)で自分の能力に限界を感じた時に読むお勧めの本

分際とは身の程ということだ。財産でも才能でも、自分に与えられた量や質の限度を知り …

反応率の高い広告を作る方法は?人間心理学を勉強してコツを習得

もしあなたが、「売れる商品と売れない商品の違い」「ヒットする広告と失敗に終わる広 …

小山昇の評判の本「1日36万円のかばん持ち」はビジネスマンにお勧め

本書を読むことをおすすめするのは、 ・創業社長 ・サラリーマンだが、会社の中では …

野村克也の本のおすすめ「師弟」宮本慎也との対談はビジネス書

仕事にやる気がなくなったり、気合いが入らなくなった時には、やっぱり野村さんの本が …

加藤諦三さんの本を読めば簡単に悩みの原因分析と解決が出来る!

常に悩みにさいまなれている人っていませんか? というか、ご自身が常に「悩み」に明 …

心が病んだ時に読む本なら小林正観さんが一番!重要ポイントと感想

心が病んでいる時は、小林正観さんの本に限ります。自己嫌悪、鬱になりそうな時は早め …

広告を出しても商品が売れない悩みを解決する広告事例集の本

「広告を出しても全然商品が売れない。毎回、広告費が飛んでいくだけだ」と悩んでいる …

ぐっちーさん(山口正洋さん)の正体を本で知る!世界の投資家の話

ぐっちーさんは、投資の世界で、超一流で有名な方です。 本名は、山口正洋さん。 そ …

富裕層向けに商品を売る方法を勉強するならダンケネディの本がお勧め

・お金持ちの富裕層をお客さんにしたい。 ・セレブなお客さんとの付き合い方を知りた …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.