Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

集客できる記事の書き方を勉強するならアンハンドリーの本がお勧め

      2016/07/30

こんなことにお困りのあなたに、本書をお勧めします。私も実際に本書を買って、読んでいます。

コンテンツ・マーケティング64の法則

・インターネットからの訪問者をお客さんに変える方法が分からない。

・ブログやメルマガ、フェイスブックなどで集客をしたいが何をどう書けばいいかが分からない。

・読者を惹きつけるコンテンツをどう作ればよいかが分からない。

このようなことにお困りの方が本書の対象読者です。

スポンサードリンク

集客が出来ない

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitterなどで集客しようと思っても、思い通りにいかない。その1つの理由が、「面白いコンテンツが作れない」ということです。

実際に、あるアメリカの調査によると、コンテンツ・マーケティングの1番の課題は、「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。これは、全回答の41%を占めています。

・YouTubeなどの新しいメディアを取り入れたり、
・沢山のメディアを使ったり、
・1日に3回も5回もコンテンツを更新しても、

つまるところ、面白いコンテンツを作らなくては、何の価値もありません。

違いを生む違い

それでは、お客さんを集められる記事と、誰にも見向きされない記事にはどんな違いがあるのでしょうか?

お客さんをファンにする記事と、ファンにしない記事では何が違うのでしょうか?

売上に貢献する記事と、「いい話だったな」で終わってしまう記事とでは何が違うのでしょうか?

本書を読むと理解することが出来ます。

書くことを避けることは出来ない

あなたは、文章を書くのが得意ですか?

多分、得意とは言えない人が多いのではないでしょうか。多くのビジネスパーソンの方にとって、一番苦手としているのが“ライティングの技術(書く技術)”ではないでしょうか?

一方で、ライティングは特別な職種の人にだけ必要な技術だと思っているとしたら、それは違います。

・メール、ツイッター、ウェブサイト、ブログ、メルマガ、セールスコピー、プレゼン資料、フェイスブック、ユーチューブ

これらすべてのコンテンツには、書くことが求められています。これらの1つでも使っている人は、ライターなのです。

でも、書くことに自信がないといういう人も多いでしょう。そんな方にとって、本書が役に立ちます。

本書で学習することにより、「基本的なスキルを身に付けて、コンテンツを書く技術」を身に付けることが出来ます。事例として、書くための具体的な方法が64個も紹介されています。コンテンツ・マーケティング64の法則

スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

富裕層向けに商品を売る方法を勉強するならダンケネディの本がお勧め

人の心理を掴んで効果のある広告を書きたい人向けのお勧め本

反応率の高い広告を作る方法は?人間心理学を勉強してコツを習得

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子供用百科事典(図鑑)のお勧めは?国語の専門家斎藤孝先生が紹介

「国語力 やくみつる 斎藤孝 辰巳出版」 ↓ 【中古】国語力 /辰巳出版/やくみ …

都会生活に疲れて田舎暮らしをしたいが仕事がなくて諦める前に読む本

もう都会での生活が疲れた。通勤電車も、人込みも、社会のスピードも。1回嫌になると …

人脈を広げる方法の中で誰でも簡単に真似が出来る実践的方法とは?

人脈ってやっぱり大切です。人脈作りのプロが書いた本を読むと、そのことが再認識出来 …

子どもが精神障害になる家庭や両親の共通点は?押川剛さんの本で学ぶ

家庭内外で暴力を振るったり、暴言を言ったり、精神が異常になってしまった子どもの家 …

富裕層向けに商品を売る方法を勉強するならダンケネディの本がお勧め

・お金持ちの富裕層をお客さんにしたい。 ・セレブなお客さんとの付き合い方を知りた …

出口治明さんの本から学ぶ!賢いお金の使い方とお金の教養

賢いお金の使い方を学ぶなら、この本は一読の価値があります。↓ 働く君に伝えたい「 …

グローバル化のメリットは日本にあるのか?必要性と問題点を考える本

本のタイトル通り、現代の時流である「グローバル社会」とは逆の社会を目指そうという …

ホリエモンの本のおすすめ「我が闘争」の重要ポイントと感想

堀江貴文さん(ホリエモン)のことを誤解していなかったか? 堀江さんの本「我が闘争 …

何を言ってるのかわからない・分かりやすく説明しろと言われた時の本

「いつもお前の言っていることはよく分からない!」、「もっと分かりやすく説明してよ …

ちきりんの本がお勧め「悩みどころと逃げどころ」梅原さんとの対談

前回の記事の続きです。 悩みどころと逃げどころ 著者はちきりんと梅原大吾さん 小 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.