Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

集客できる記事の書き方を勉強するならアンハンドリーの本がお勧め

      2016/07/30

こんなことにお困りのあなたに、本書をお勧めします。私も実際に本書を買って、読んでいます。

コンテンツ・マーケティング64の法則

・インターネットからの訪問者をお客さんに変える方法が分からない。

・ブログやメルマガ、フェイスブックなどで集客をしたいが何をどう書けばいいかが分からない。

・読者を惹きつけるコンテンツをどう作ればよいかが分からない。

このようなことにお困りの方が本書の対象読者です。

スポンサードリンク

集客が出来ない

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitterなどで集客しようと思っても、思い通りにいかない。その1つの理由が、「面白いコンテンツが作れない」ということです。

実際に、あるアメリカの調査によると、コンテンツ・マーケティングの1番の課題は、「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。これは、全回答の41%を占めています。

・YouTubeなどの新しいメディアを取り入れたり、
・沢山のメディアを使ったり、
・1日に3回も5回もコンテンツを更新しても、

つまるところ、面白いコンテンツを作らなくては、何の価値もありません。

違いを生む違い

それでは、お客さんを集められる記事と、誰にも見向きされない記事にはどんな違いがあるのでしょうか?

お客さんをファンにする記事と、ファンにしない記事では何が違うのでしょうか?

売上に貢献する記事と、「いい話だったな」で終わってしまう記事とでは何が違うのでしょうか?

本書を読むと理解することが出来ます。

書くことを避けることは出来ない

あなたは、文章を書くのが得意ですか?

多分、得意とは言えない人が多いのではないでしょうか。多くのビジネスパーソンの方にとって、一番苦手としているのが“ライティングの技術(書く技術)”ではないでしょうか?

一方で、ライティングは特別な職種の人にだけ必要な技術だと思っているとしたら、それは違います。

・メール、ツイッター、ウェブサイト、ブログ、メルマガ、セールスコピー、プレゼン資料、フェイスブック、ユーチューブ

これらすべてのコンテンツには、書くことが求められています。これらの1つでも使っている人は、ライターなのです。

でも、書くことに自信がないといういう人も多いでしょう。そんな方にとって、本書が役に立ちます。

本書で学習することにより、「基本的なスキルを身に付けて、コンテンツを書く技術」を身に付けることが出来ます。事例として、書くための具体的な方法が64個も紹介されています。コンテンツ・マーケティング64の法則

スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

富裕層向けに商品を売る方法を勉強するならダンケネディの本がお勧め

人の心理を掴んで効果のある広告を書きたい人向けのお勧め本

反応率の高い広告を作る方法は?人間心理学を勉強してコツを習得

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

人の目が気になる性格で仕事や勉強がはかどらないと悩んだ時に読む本

ビジネス書です。ビジネスパーソンは絶対に読んだ方がいい本です。1日で読めます。 …

副業のおすすめ本は荻野進介「サバイバル副業術」重要点の整理と感想

副業を始めようとしている方は、読んでおいた方がいいですよ。 サバイバル副業術 荻 …

市場価値を高める方法は?希少(レア)な人材を目指す人のお勧め本

希少価値のある人材になる必要性と方法が書いてあります。 「藤原和博の必ず食える1 …

加藤諦三さんの本を読めば簡単に悩みの原因分析と解決が出来る!

常に悩みにさいまなれている人っていませんか? というか、ご自身が常に「悩み」に明 …

学歴コンプレックス(高卒Fラン三流大学)の苦しみを克服する方法

学歴コンプレックスを解決するためにどうすれば良いのか?この悩みを持っている人は、 …

将来に不安や絶望を感じる若者(若年層・若い世代)の幸福度は?

少子高齢化、社会保障費の増大、年金支給開始年齢の延長、日本経済の成長低迷。経済的 …

南清貴の評判の本がおすすめ「行ってはいけない外食」で身体を守る

こんな本を読んだら、「何も食べられないじゃないか!」と思うこと間違いなしです ↓ …

プレゼン中に聴衆を居眠りさせない上手く話す方法(コツ)

自分は一生懸命プレゼンしているのに、”聞いている人は居眠り”!そんな悔しい経験が …

ケントギルバートの本のお勧め「自虐史」日本人が外国人に舐めらない方法

日本人が外国の人と付き合っていく上での心構えが書いてあります。外国の人と直接接す …

ちきりんの本がお勧め「悩みどころと逃げどころ」梅原さんとの対談

前回の記事の続きです。 悩みどころと逃げどころ 著者はちきりんと梅原大吾さん 小 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.