Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

孫との付き合い方や接し方が分からなくて悩んでいる時にお勧めの本

      2016/12/09

孫への接し方が分からないという時に参考になります。

「祖父の流儀(ダンディズム) 鳥越俊太郎(著) 徳間書店」
祖父の流儀(ダンディズム)

本書の対象読者は、自分の孫がいる50代、60代、70代の方だと思います。でも、私のように 今子育てをしている世代、つまり20代、30代、40代の人に取っても役に立つポイントがあります。

スポンサードリンク

祖父と孫は人間同士の付き合いをする

子供に対して、「かわいいね」とばかり言って甘やかすだけとか、「ああしなさい」「こうしなさい」といった上からの目線で子供と接するは良くないです。

ひとりの人間として対等に子供と接する意識が必要です。これは、祖父や祖母が孫に対してだけでなく、親が子供に対して接するべき意識においても重要と思います。

具体例の一つとして、自分の子供に対して「名前を呼び捨て」で言うのではなく、 たまには「さん」付けで呼ぶ。「さん」付けで呼ぶのは、相手を一人の人間として尊重した言動です。

「干渉」ではなく「観察」をする

孫はあくまで孫。自分の子供ではないので、孫に対して「口うるさく指導」するのはあまりやめた方が良いと主張しています。

しつけ(躾)をする、教育をするのは、あくまでお母さんやお父さんの役目です。

私はこの意見に対して、祖父と孫の関係だけでなく、祖父と孫の親(祖父と、祖父の息子や娘)との人間関係を良く維持するためにも大事なことだと思いました。

進学に限らず、親の役割は「干渉」ではなく、「観察」です。 子供を観察していて「これは本当に危ないな」と感じたらそこで初めて親が介入すれば良いのです。しかし、今の親は観察もしないで「干渉」ばかりしています。子どもが困った場面で親がいちいち登場していては 子供はいつまでたっても自分の力で問題を解決できません。
ページ128

この意見には確かに納得です。では実際、私自身はどうかと考えたところ「子供が怪我をしないように」、「嫌な目にあわないように」と、先回り先回りして、私が子供を手助けばかりしていたと反省しました。あまり過保護にすると、将来自分で問題解決をする 力が身につかないと思いました。これからは、なるべく「観察」し本当に危ないと感じた時だけ口出しや手出しをするように努めたいと思いました。

子どもに怒っていい?

あと、鳥越さんは「最近の親はあまり子供に対して怒らない」と言っています。確かに、20年前、30年前の親に比べれば今の親があまり子供に対して怒らないのかもしれません。

私も実際、自分の子供に対してあまり怒ったりしません。鳥越さんの意見は、「しつけのためには、もっと子どもに怒るべき」と考えています。でも、私はこの意見にはあまり賛成できません。

「怒る」というのは、「子供に対して、また、怒った親自身にとっても何一ついいことがない」と思うからです。親が怒ってばかりいると、子供が将来大きくなってから、自分が言いたいことを表現をするために、「怒る」という感情を使う恐れがあると考えます。

私はなるべく怒らないようにして、怒りたい場面でも「冷静に子供と話し合いをしたり」「なぜこれはダメなことなのか?」ということを時間をかけて説明するように努めています。そもそも、いつもそんな心掛けをしていても、時には怒ってしまいますし(笑)。

ですから、昔の人の考えのように、「今の親はもっと怒っていい」という鳥越さんの意見にはあまり賛成できませんでした。

本件以外、その他の鳥越さんの意見には、私は概ね「納得」「賛成」でした。

スポンサードリンク

最後に

鳥越さんの意見、全てが賛成出来るとは限りません。孫を取り巻く、ご自身の「周りの環境」によってどのように孫と接するのが良いかが違ってくると思います。

でも、孫を持つ鳥越さんの1人の意見として、本書を読んでおく価値はあります。おじいさんやおばあさんにだけでなく、両親にも役に立つと思います。

尚、本書の後半3分の1位は 、読者から鳥越さんへの質問に対するQ&A形式で構成されています。
祖父の流儀(ダンディズム)

鳥越さんの別の書籍:出世が遅くて悩んだり仕事のモチベーションが上がらない時に読む本

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

がんを宣告(告知)され落ち込み動揺(パニック)する時にお勧めの本

蛭子能収さんの本で本音で生きる術を学ぶ「ひとりぼっちを笑うな」

幼児の服の着せ方と安全な服の選び方(赤ちゃんにとって危険な服は)

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

市場価値を高める方法は?希少(レア)な人材を目指す人のお勧め本

希少価値のある人材になる必要性と方法が書いてあります。 「藤原和博の必ず食える1 …

頑張っているのに報われず精神的につらくて落ち込んでいる時に読む本

頑張ってるんだけど、成果が出ない。何をやってもダメだ。もうこんな自分が嫌だ。自分 …

人脈を広げる方法の中で誰でも簡単に真似が出来る実践的方法とは?

人脈ってやっぱり大切です。人脈作りのプロが書いた本を読むと、そのことが再認識出来 …

松浦弥太郎の本がお勧め「世界を仕事場」で中国米国フランスを知る

こちらの記事で堀江貴文さんが言っていたように、自分の意志さえあれば、ガンガン海外 …

集客できる記事の書き方を勉強するならアンハンドリーの本がお勧め

こんなことにお困りのあなたに、本書をお勧めします。私も実際に本書を買って、読んで …

蛭子能収さんの本で本音で生きる術を学ぶ「ひとりぼっちを笑うな」

本書を読むと、蛭子さんの人柄が好きになるかも。 「ひとりぼっちを笑うな (角川o …

来夢さんの春夏秋冬理論は占い?人生サイクルが分かるビジネス書

読むと「なるほど、確かにそうかも知れない」と納得出来ました。 人生を成功に導く星 …

批判が怖くて言いたいことが言えない人が自信がつくお勧めの本

この本はブログで炎上を恐れず、自分の言いたいことを遠慮なくどんどん言うことを読者 …

南清貴の評判の本がおすすめ「行ってはいけない外食」で身体を守る

こんな本を読んだら、「何も食べられないじゃないか!」と思うこと間違いなしです ↓ …

グローバル化のメリットは日本にあるのか?必要性と問題点を考える本

本のタイトル通り、現代の時流である「グローバル社会」とは逆の社会を目指そうという …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.