Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

梅原大吾さんの本でゲームばかりやって勉強をしない子の育て方を学ぶ

   

梅原大吾ゲーマーの本

本書を読むことをもっともおすすめする方は、
・幼児、小学生、中学生くらいまでのお子さんをお持ちの親さん
その中でも必読なのは、自分の子供が勉強をせず、ゲームばかりして心配な親さんです。

「ゲーム=悪、学校のペーパーテスト=唯一の評価基準」 と頭が凝り固まっているあなたは、読んでみると発見出来ることが満載の本です。

悩みどころと逃げどころ 著者はちきりんと梅原大吾さん 小学館新書
悩みどころと逃げどころ

本書は、エリート大学を卒業したちきりんさんと、子供のころからゲームにハマり、ゲームのプロになった梅原さんの対談本です。エリートコースとオタクコースの全く正反対の人生を送ってきたお二人の意見の違いを感じることが出来る面白い本です。

ゲーマーの梅原さんの言葉には重みがあります。本記事では、梅原さんの発言をベースに最も役に立った内容を取り上げます。

スポンサードリンク

子どもの質問をうやむやにするな

「学校教育では、質問は大半が無視されてしまう。それも先生が簡単に答えられないという理由で」と著者のお二人はなげいています。

確かにそうですね。私が自分の子供を持ってから分かったことですが、子供って見たもの全て疑問を持ちます。そして、それを親に質問します。「あれは何?」「これは何?」「なんで?」「どうして?」と。

そして、質問の半分くらいは答えられるけど、残りの半分は親も知らない質問をしてきます。

学校の先生も同じでしょう。先生の得意不得意な分野があるのだから、生徒の全ての質問に答えられる訳なんてありません。

親でも先生でも、大事なことは、子供の質問をよく聞いてあげることです。そして、その質問に答えることが出来なければ、「私も分からないよ。だから、後で調べて教えるね」とか、「一緒にネットや図鑑で調べよう」と、大人が率先して、分からないことを調べる姿勢を子供に見せることが大事です。

どの分野でも一流になる人はやっぱり違う

梅原さんは、ゲーム以外のことに無頓着な人ではありません。

若いゲーマーには人として基本的なことを教えるそうです。

・タバコやゴミを道に捨てるな
・約束を守れ
・待ち合わせは自分が先に到着する
などです。

ゲーマーというと、ただのゲームばかりしているオタクで引きこもりというイメージを持たれてしまい、世間の風当たりが強いそうです。だからこそ、日常生活の基本的なところをマナーよくきちっとすることにものすごく神経を遣われているそうです。

一度、ゴミを道路に捨てたり、約束を破ったりすると、即効で「ゲーマーって所詮そんな人間だよな」とレッテルを貼られてしまうからでしょう。

こういうところに、梅原さんが一流になったヒントがあるようです。

本記事の続きはこちら

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

仕事に必要な能力の中でどの職種にも絶対に役に立つスキルとは?

子どもの国語力を伸ばす方法!斎藤孝先生の親子で伸ばす「言葉の力」

加藤諦三さんの本を読めば簡単に悩みの原因分析と解決が出来る!

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

岩崎夏海の本のおすすめ「まずいラーメン屋」競争せずに生き残る方法

もしかしてあなたも競争社会が大嫌いですか?「競争社会に疲れた。出来ることなら、も …

ホリエモンの本のおすすめ「我が闘争」の重要ポイントと感想

堀江貴文さん(ホリエモン)のことを誤解していなかったか? 堀江さんの本「我が闘争 …

副業がばれるのが怖い?会社に頼らない生き方を荻原博子氏から学ぶ

今勤めている会社だけでお金を稼ごうとするから、息苦しくなります。将来が不安になり …

冨永愛の現在は過去のいじめや家庭崩壊を乗り越えた結果(お勧め本)

世界的に知名度の高いモデル冨永愛さん。テレビや雑誌で見かけるだけだと、輝いている …

人脈を広げる方法の中で誰でも簡単に真似が出来る実践的方法とは?

人脈ってやっぱり大切です。人脈作りのプロが書いた本を読むと、そのことが再認識出来 …

出口治明さんの本から学ぶ!賢いお金の使い方とお金の教養

賢いお金の使い方を学ぶなら、この本は一読の価値があります。↓ 働く君に伝えたい「 …

石井朋彦アニメプロデューサーの本「自分を捨てる仕事術」の感想

ビジネス書のマンネリの内容に嫌気がさしている方は、読む価値があります。ビジネス書 …

上野千鶴子の本「おひとりさまの最期」施設か在宅死に迷ったら読む

2007年に 有名になった おひとりさまの老後を書いた著者です。その続編と言って …

ちきりんの本がお勧め「悩みどころと逃げどころ」梅原さんとの対談

前回の記事の続きです。 悩みどころと逃げどころ 著者はちきりんと梅原大吾さん 小 …

加藤諦三さんの本を読めば簡単に悩みの原因分析と解決が出来る!

常に悩みにさいまなれている人っていませんか? というか、ご自身が常に「悩み」に明 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.