Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

ちきりんの本がお勧め「悩みどころと逃げどころ」梅原さんとの対談

   

ちきりんと梅原大吾の本

前回の記事の続きです。

悩みどころと逃げどころ 著者はちきりんと梅原大吾さん 小学館新書
悩みどころと逃げどころ

スポンサードリンク

評価されるポイントは1つじゃない

子供を育てる上で大きなヒントになるコメントがありました。

それは、得意なことを伸ばしてあげること。

世の中の評価基準はひとつじゃないです。どんな分野でもいいから、1つの分野でも勝てばいいんだよ ということを子供にわかってもらう教育が必要であると梅原さんは仰っています。

今の学校教育では、一般的には、「テストで良い点を取る人が認められる」 といった画一的な評価基準しかありません。テストの点数は悪くても、例えば「料理が得意」「物を作るのが得意」「スポーツが得意」「音楽が得意」「絵が得意」などと言った子供は、今の学校教育の中ではなかなか評価されません。

「ペーパーテストではイマイチの成績だけど、この分野なら人に負けてないよ」ということを周りの大人が気付いてあげることが子供にとって幸せです。

世間一般ではアウトローであるゲーマーの梅原さんから発せられた言葉だからこそ、重みのある考え方です。

ちなみに、うちの5歳の子供は今のところ、他の同年代の子と比べると、文章を読んだり書いたりするのは得意ではありません。一方で、リズム感がものすごくあって、踊りやダンスが好きで得意です。幼稚園のクラスの中では一番リズム感があるように見えます。だから、私は意識的に子供に音楽を聞かせたり、子供の踊りをほめて、その才能を伸ばしてあげようと意識しています。

嫌かもしれない。でも、やっぱり人生は競争

最近世間では、「人生は競争じゃない。競争なんてしなくても良い」と言う風潮が強いです。

でも、その大前提に戦いがあるということは、忘れてはいけません。

ゲームの世界で常に戦っている梅原さんはそう言っています。

子供には、「嫌かも知れないけれど、残念ながら人生には戦いがある。だから、競争から逃げることは絶対に出来ない」

ということを教えなければいけません。

その上で、子供に自信を持ってもらうように、大人なその子の得意なところを見つけて、ほめてあげるサポートが必要です。

子供が将来自立して生きていくために1つだけサポートしろと言われたら、こういうことではないでしょうか。

まとめ

本書の中で、梅原さんは「もし可能であれば学歴は絶対にあった方が良い」と言っています。

梅原さんは決して、学歴はなくても問題ないとは言っていません。でも、今の日本の学校教育のように、子供を1つの基準だけで評価しようとすることに疑問を持たれています。

子供が勉強しなくて困っている、とお悩みのあなたは本書は必読です。
悩みどころと逃げどころ

PS
もう一つ梅原さんの大事なコメント
「勝負の結果は、もしかしたらビリになるかもしれません。勝負って必ずビリの人も生み出しますから。でも、誠実に人間的に信頼される生き方や戦いをする方が最終的には良い結果につながると思います。だから、結果だけでなくプロセスも大事なんです」

これって、プロ野球の野村監督の本で言っていること全く同じじゃないですか!

PPS
「ちきりんさんの正体本名って誰なの?」って調べました。どうやら、こちらの記事で紹介した「採用基準」という本の著者である伊賀泰代さんのようです。私が既に知っている方でした。本を沢山読んでいると、色んなところで繋がりが出てきて面白いですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

子どもの国語力を伸ばす方法!斎藤孝先生の親子で伸ばす「言葉の力」

冨永愛の現在は過去のいじめや家庭崩壊を乗り越えた結果(お勧め本)

堀江貴文の本のおすすめ「君はどこにでも行ける」で日本と海外を知る

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

繁田和貴と和田秀樹の本がおすすめ!受験勉強を効率的に進める方法

この記事を読んでいるあなたは、お子さんを中学受験させたい、あるいは高校受験、大学 …

上野千鶴子の本「おひとりさまの最期」施設か在宅死に迷ったら読む

2007年に 有名になった おひとりさまの老後を書いた著者です。その続編と言って …

堀江貴文の本のおすすめ「君はどこにでも行ける」で日本と海外を知る

最近、テレビを観ていると「日本は○○で世界一」などと言って、日本の凄さを自画自賛 …

役に立った本厳選これはお勧め【2017年1月前半偏】3連発

2017年1月前半、これは読んで良かった!と思う3冊の本をご紹介します。 無敵の …

仕事や勉強(学力)で自分の能力に限界を感じた時に読むお勧めの本

分際とは身の程ということだ。財産でも才能でも、自分に与えられた量や質の限度を知り …

出口治明さんの本から学ぶ!賢いお金の使い方とお金の教養

賢いお金の使い方を学ぶなら、この本は一読の価値があります。↓ 働く君に伝えたい「 …

人脈を広げる方法の中で誰でも簡単に真似が出来る実践的方法とは?

人脈ってやっぱり大切です。人脈作りのプロが書いた本を読むと、そのことが再認識出来 …

蛭子能収さんの本で本音で生きる術を学ぶ「ひとりぼっちを笑うな」

本書を読むと、蛭子さんの人柄が好きになるかも。 「ひとりぼっちを笑うな (角川o …

藤原和博の評判の「本を読む人だけが手にするもの」簡単に上位10%

1ヶ月に1冊も本を読まない人が2人に1人ですって?こりゃ、ちょっと本を読む習慣が …

石井朋彦アニメプロデューサーの本「自分を捨てる仕事術」の感想

ビジネス書のマンネリの内容に嫌気がさしている方は、読む価値があります。ビジネス書 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.