Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

仕事に必要な能力の中でどの職種にも絶対に役に立つスキルとは?

      2016/02/24

「何かスキルを身に付けないと!」
ビジネスパーソンならば、誰もがこんな不安に襲われる時があると思います。

私もそんな不安に駆られている時、この本に出会いました。
「採用基準 伊賀泰代(著)ダイヤモンド社」
採用基準

本の題名からして、就職する際の採用基準について、あれこれと取り留めもなく書いてあるのかなと想像しつつ、興味があったので本書を手に取りました。また、著者がマッキンゼーという、世界の超エリート達が集まる会社の出身なので、「凡人の私には関係ない話ばかりだろうな」くらいの気持ちで本書を読み始めました。

ところが、そんな想像とは違って、私のような凡人でも習得が可能で、かつ、必ず身に付けた方が良いスキルについて書いてありました。ですので、ここで紹介します。

本書を読んだ方がいいと思うのは、
・これから就職(転職)活動をする方
・安定した大企業で平和に会社生活を送っているビジネスパーソン
・大企業に限らず、中小企業、零細企業に努めているが、将来が見えなくて、なんとなく気持ちがどんよりしている方
・自分が何のスキルを身に付ければ良いか分からない方

スポンサードリンク

どんな人でも絶対に身に付けた方がいいスキルとは?

それは、リーダーシップです。
本書が言いたいことを簡潔に言うと、

「誰もがリーダシップを身に付けることが大事。才能や頭の良さに関係なく、誰でもリーダーになることが出来る。そしてリーダシップは、日常生活で意識(トレーニング)することで養うことが出来る」

以下、本書の中から私が重要と感じた点を3つ挙げます。

 
(1)リーダーシップは全員に必要

【この点を取り上げた理由】
例えば日本の会社組織でいうと、リーダーとは、課長や部長など「長」がつく人のことをイメージします。そして、「リーダーシップが必要なのは、課長や部長以上の管理職である」と一般的には考えられています。でも、そういう考えでいると、管理職以外の一般社員は「自分で決断せずに常に受け身の姿勢になり、自分の仕事に責任を持つ意識が欠如」しがちです。全ての人が、主体的に行動する(リーダーシップを発揮する)ことで、チームとして仕事の成果が出るし、何よりも自分自身がワクワクするようになってきます。

 
(2)どんな場面でもリーダーシップを鍛えることが出来る

【この点を取り上げた理由】
これまで私は、立場的に上の役職に立たないとリーダーシップを発揮することが出来ないと思っていました。つまり、一般の人には、そもそもリーダシップなんて使う機会がなく、必要性がないと思っていました。でも、本書では、リーダーシップは日常生活のあらゆる場面で必要であると言っており、ハッと気が付きました。

例えば、
・タクシー並んでいる時に、「私と同じ方向の人がいたら、相乗りしませんか?」
・電車に乗っていて、みんなが少しずつ席を詰めれば、1人分の席が確保出来そうなら、「もう少し席を詰めませんか?」
と言ってみることも立派なリーダーシップであると教えてくれました。

こういう些細なことからであれば、ちょっと勇気を出せば自分もリーダーシップを身に付けていくことが出来そうです。本書を読んでからは、リーダーシップを取ることを意識して生活するようになりました。また「リーダーシップに、学歴や才能は関係ない。訓練で身につく」という著者の言葉は、やる気が出ます。

 

(3)「言わなくてもわかるはず」というのは、怠慢

【この点を取り上げた理由】
日本人が書いたビジネス書を読むと、
「1を言ったら10を知れ」とか「上司が全て説明しなくても、理解しろ」みたいなことがよく書かれています。というより、指南書系の本には、どの本にもそう書いてあります。

でも、これに対し、私はずっと疑問に感じていました。というのも、私も20代の頃、よく上司や先輩から業務の内容に関して、「言わなくても分かれよ」といつも言われていました。その時いつも心の中では、「言わなきゃ分からないだろ。そりゃ、自分達は仕事の経験が長いから言わなくても分かるかもしれないけど、こっちは分からないんだよ!」と反発していました。

そんな疑問を感じながらこれまで生きてきた中で、本書では、
「言わなくても分かれ、というのはリーダーの怠慢以外の何物でもない」と言っていました。私はこれを読んですごく共感しました。これまでのモヤモヤがすっきりとなくなりました。

特に、外国人や年代の違った多様な人材が混じった社会では言葉でしっかり伝えないと通用しません。

私事をいうと、私は最近アジアの人と一緒に仕事する機会が多くなりました。やはり、本書でも書かれているように、お互いのコミュニケーションを取るには、言葉でしっかりと伝え、しかも同じことを何回も繰り返し言うことが大事だと痛感している日々です。

スポンサードリンク

最後に

さすがエリートが書いた本。凡人の私でも分かりやすく、納得出来るような構成で本が書かれています。本書を読み終わると、一貫して「リーダーシップが大事だよ。身に付けなさい」というメッセージが送られていることに気が付きました。そして、「自分もリーダーシップを絶対に身に付けた方がいいな」と確信しました。この本、絶対に読んだ方がいいと思います。
採用基準

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アメリカの共和党と民主党の違いと思想がよくわかる本

新聞やテレビのニュースを見ていても、内容が難しくてよく理解出来ないことって多いで …

一流の人間になる方法(マナー・習慣・考え方・対人関係の共通点)

一流の人には共通点があります。 「一流の存在感がある人の振る舞いのルール 丸山ゆ …

人の心理を掴んで効果のある広告を書きたい人向けのお勧め本(書籍)

数値の表現の仕方次第で、読み手が受け取る印象は大きく違います。宣伝広告で使う表現 …

コンビニオーナーの実態を三宮貞雄の本で知る!店長の悲惨な現実とは

「会社を辞めて(脱サラして)コンビニのオーナー(店長)になってみようか!」と考え …

株式投資の初心者が読むべき本 お勧めの1冊

株式投資か?銀行預金か? 投資ブームに乗って、自分も株式投資を始めるべきか?それ …

現代史の勉強におすすめの本を読み最新の世界動向を知る

世界は腹黒い。日本が世界の中で生きていくために、日本人は地政学をしっかり学ぶ必要 …

子供用百科事典(図鑑)のお勧めは?国語の専門家斎藤孝先生が紹介

「国語力 やくみつる 斎藤孝 辰巳出版」 ↓ 【中古】国語力 /辰巳出版/やくみ …

グローバル化のメリットは日本にあるのか?必要性と問題点を考える本

本のタイトル通り、現代の時流である「グローバル社会」とは逆の社会を目指そうという …

市場価値を高める方法は?希少(レア)な人材を目指す人のお勧め本

希少価値のある人材になる必要性と方法が書いてあります。 「藤原和博の必ず食える1 …

南清貴の評判の本がおすすめ「行ってはいけない外食」で身体を守る

こんな本を読んだら、「何も食べられないじゃないか!」と思うこと間違いなしです ↓ …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.