Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

ぐっちーさん(山口正洋さん)の正体を本で知る!世界の投資家の話

      2017/01/31

ぐっちーさんの本

ぐっちーさんは、投資の世界で、超一流で有名な方です。

本名は、山口正洋さん。

そのグッチーさんのお勧め本は、こちら↓

上位1%のエリートしか知らないニッポン経済世界最強論 投資銀行家ぐっちーさん 東邦出版

日本は、国連の国力ランキングで一位

著者の主張は、

「日本人は、自分たちに自信を持ってよい」

ということです。

著者が取り上げている例として、

・日本では定時に出社するなんて当たり前ですよね?でも、海外では決められた出社時間に毎日きっちりと出勤する人は、日本より多くありません。

と言った内容がありました。

確かに、それはそうかもしれない(私の経験)

私はよく中国へ出張に行きますが、いつもこう思います。

中国の人は、時間にルーズだし、約束を守らないのは当たり前。

決して悪い人たちではありません。個人個人の人間を見ればみんな良い人たちです。友達として付き合う分には、大歓迎な人たちです。

でも、仕事人としてみたらどうだろう?

私は、圧倒的に日本人の仕事への姿勢の方が勝っていると感じます。

だって、

・やると言った仕事の期日を守らない

・ヘタすると約束の仕事が出来なかったことを言い訳して、日本人の私たちに振ってくる

責任を持って仕事をやり切るという感覚がありません。

技術力で中国に抜かれたなど、テレビやニュースで聞きますが、とんでもない!

中国の現場を見ている私には、超真面目に働く日本人が負けているとは、思えません。

スポンサードリンク

破綻する国の条件とは?

これまで実際に破綻した国がすべて例外なく通貨安から始まっています。通貨安って、最近どこかで聞いた言葉ですよね。そうです。アベノミクスです。大量に金融緩和をして円安にする政策は、国を破滅に進めます。

そのように、ぐっちーさんが警告しています。

やっぱり最後はアメリカ?

本書で一番ためになる情報は、アメリカについてです。

アメリカの人口は、2030年まで横ばいが続きます。最もお金を使う30歳から39歳が2050年あたりまで増え続けるのがアメリカ市場です。

つまり、2050年までは、経済成長が続くというのです。

個人戦に有利な時代になってきた

大量生産による安い工業製品から少量ハンドメイドによる高付加価値商品の方に価値を見出す消費者が増えています。需要のロングテール化が進んでいます。

これは個人にとって非常に有利な時代になってきたと言えます。

作家の橘玲さんも、ご自身の本の中で同じことを言っています。

今の時代に生き残るキーワードは、ロングテールだと。

メジャーな分野では、資本力のある大企業や組織が占有します。だから、弱小の立場にある人は、ニッチなところで勝負していく。需要の規模こそ小さいものの、必ず一定数の需要はあるものです。そういうロングテールを狙いやすい時代になったと橘さんも言っています。

この考えは、こちらの記事でとりあげた野村克也さんや、ランチェスターの戦略で有名な竹田陽一先生に共通する戦略です。

まとめ

著者の主張は、

「日本人は自信を持って、堂々と生きていけばよい」

そして、もう1つの著者の主張、

「これからは個人でもお金を稼ぎやすい時代」

大企業に入れなかったといって、悲観することは全くありません。個人で稼いでいけばよいのです。

P.S.

とは言っても、東京オリンピック後は、日本経済がガタ落ちになるんじゃないかと推測する専門家もいます。こちらの記事をご覧ください。

スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

2020年東京オリンピック後の景気は悪化する?不況とインフレか

マンションの買い時はいつ?今すぐか東京オリンピック後まで待つか?

堀江貴文の本のおすすめ「君はどこにでも行ける」で日本と海外を知る

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

貧困女子の実態や原因は何か?沢木文氏の取材本から共通点を探すと

何を基準に貧困と言えるのか、考えさせされました↓ 貧困女子のリアル(小学館新書) …

出世が遅くて悩んだり仕事のモチベーションが上がらない時に読む本

「人生を戦い抜く」なんて考えたことがありませんでした。 「君は人生を戦い抜く覚悟 …

心が病んだ時に読む本なら小林正観さんが一番!重要ポイントと感想

心が病んでいる時は、小林正観さんの本に限ります。自己嫌悪、鬱になりそうな時は早め …

孫との付き合い方や接し方が分からなくて悩んでいる時にお勧めの本

孫への接し方が分からないという時に参考になります。 「祖父の流儀(ダンディズム) …

石井朋彦アニメプロデューサーの本「自分を捨てる仕事術」の感想

ビジネス書のマンネリの内容に嫌気がさしている方は、読む価値があります。ビジネス書 …

藤原和博の評判の「本を読む人だけが手にするもの」簡単に上位10%

1ヶ月に1冊も本を読まない人が2人に1人ですって?こりゃ、ちょっと本を読む習慣が …

コンビニオーナーの実態を三宮貞雄の本で知る!店長の悲惨な現実とは

「会社を辞めて(脱サラして)コンビニのオーナー(店長)になってみようか!」と考え …

大学か専門学校か・田舎か都会か・マイホームか賃貸か迷ったら読む本

人生には2択に迫られる局面が何度もあります。もちろん最終的には自分が決断する必要 …

子どもが精神障害になる家庭や両親の共通点は?押川剛さんの本で学ぶ

家庭内外で暴力を振るったり、暴言を言ったり、精神が異常になってしまった子どもの家 …

藤原和博の本がお勧め「100万人に1人のレアな人材になる働き方」

「毎日の悩みが消える」働き方の教科書 たった一度の人生を後悔しない 藤原和博 電 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.