Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

堀江貴文の本のおすすめ「君はどこにでも行ける」で日本と海外を知る

   

君はどこへでも行ける海外
最近、テレビを観ていると「日本は○○で世界一」などと言って、日本の凄さを自画自賛する番組が多いと思いませんか?私は、そういう自画自賛する内容に違和感を感じていました。そんな時に読んだこの本が、その違和感を払拭してくれました。

君はどこにでも行ける 堀江貴文 徳間書店
「君はどこにでも行ける」

「世界の中で日本はナンバーワンの先進国、少なくともアジアの中ではNo.1と思っている人」に刺激を与えてくれる本です。

スポンサードリンク

時代が変わり、日本より進んだ国は沢山ある

日本が何でもナンバーワンと思っている人がいるかもしれません。というより、バブル前の日本の勢いを知っている人には、「日本が一番凄い国」と思い続けたいのかもしれません。でも時代が変わり、他の国も負けている分野も沢山あります。そんなことを教えてくれます。

本書では、「日本だけなく、外国の事情も直視しなさい」と言っています。決して堀江さんは、「日本人全員が海外に出なさい」とは言っていません。でも、「もし日本で活躍出来る場所がなかったり、くすぶっている暇があったら、海外に行って何か自分の好きなことで挑戦してみるという選択肢もありだよ」というアドバイスをしてくれています。

堀江さんが訪問した国の体験談が書いてある

堀江さんがこれまで訪れた50カ国以上について、自分が感じたことを順番に書いてあります。内容は、「この国のここは日本が遅れている」や「逆に日本の東京の方が優れている」などということが書かれています。

例えば、日本が優れている点で強調されていたのは、東京のレストランの料理のレベルが高いということです。逆に、外国に負けているのは、「日本の会社はスピード感がない」という点です。

日本での外国人比率が2割になる時代

日本は今後、隣接する中国や韓国をはじめとするアジアの国の国境がなくなってくると予想しています。そして、日本の人口の約20%は外国人になります。

この考えは、以前神田昌典さんが出版した本「2022―これから10年、活躍できる人の条件」に書いてあった内容と概ね同じです。世の中の流れとしては、日本と隣接するアジアの国々は敵対関係ではなく、融合する方向に進んでいくだろうと予想しています。

「君はどこにでも行ける」の内容メモ

・経済力はとっくに中国に追い抜かれている。文化的なサービスのクオリティもアジア諸国に差を詰められている。

・JKT48の仲川遥香さんがインドネシアでアイドル活動したように、どんどん海外に出て行けばいい。アイドルは景気のいい国で認められる。

・日本人はなぜかお金ばかりを惜しむ傾向がある。もっと大事なのは時間。

・個人がSNSで細分化した情報を得やすくなってきた。外国との国境はなくなっていくだろう。

尚、ホリエモンさんの本にしては、文書の表現がかなりマイルドです。これは多分、なるべく炎上を起こさないように、出版社側の人が文章表現に気を付けて編集しているのだと思います。

まとめ

本書を読むと、日本の狭い領域の中で悶々と不満を抱えながら生きていくことがバカバカしくなってくるとともに、「もし日本でダメなら海外へ行って挑戦すればいいや」という前向きな気持ちになります。

あるいは、本書を読んで「自分は海外とは関わりを持つことなく、日本の自分の地元で生きていく」という選択を決断するのもアリです。

あなたの視野を広げるためにまずは本書を読んでみて、自分はグローバル社会の中で生きていくのか、あるいは海外とは一線を画した生き方をするのかの判断材料にするのがお勧めです。特に、40歳以下の年齢が若い人は読んだ方がいいと思います。

スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

外国人観光客が増加しない原因とは?訪問の目的と理由の分析が必要

日本は移民の受け入れに反対?外国人が定住せずに経済成長する方法

2020年東京オリンピック後の景気は悪化する?不況とインフレか

 - おすすめ本

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

グローバル化のメリットは日本にあるのか?必要性と問題点を考える本

本のタイトル通り、現代の時流である「グローバル社会」とは逆の社会を目指そうという …

副業のおすすめ本は荻野進介「サバイバル副業術」重要点の整理と感想

副業を始めようとしている方は、読んでおいた方がいいですよ。 サバイバル副業術 荻 …

藤原和博の評判の「本を読む人だけが手にするもの」簡単に上位10%

1ヶ月に1冊も本を読まない人が2人に1人ですって?こりゃ、ちょっと本を読む習慣が …

人の心理を掴んで効果のある広告を書きたい人向けのお勧め本(書籍)

数値の表現の仕方次第で、読み手が受け取る印象は大きく違います。宣伝広告で使う表現 …

低学歴の凡人が高学歴エリートに勝つ方法・論理思考のシンプルな本質

高学歴エリートでない人がエリートに勝ちたい場合、本書は必読です。 「あの人はなぜ …

数学を勉強する目的は?社会人になると算数は何の役にも立たない?

数学や算数なんて勉強して何の役に立つの?中学生や高校生の時に、一度は疑問に思った …

アメリカの共和党と民主党の違いと思想がよくわかる本

新聞やテレビのニュースを見ていても、内容が難しくてよく理解出来ないことって多いで …

子どもが精神障害になる家庭や両親の共通点は?押川剛さんの本で学ぶ

家庭内外で暴力を振るったり、暴言を言ったり、精神が異常になってしまった子どもの家 …

都会生活に疲れて田舎暮らしをしたいが仕事がなくて諦める前に読む本

もう都会での生活が疲れた。通勤電車も、人込みも、社会のスピードも。1回嫌になると …

蛭子能収さんの本で本音で生きる術を学ぶ「ひとりぼっちを笑うな」

本書を読むと、蛭子さんの人柄が好きになるかも。 「ひとりぼっちを笑うな (角川o …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.