Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

藤原和博の本がお勧め「100万人に1人のレアな人材になる働き方」

      2017/01/08

レアな人材藤原和博

「毎日の悩みが消える」働き方の教科書 たった一度の人生を後悔しない 藤原和博 電波社 「毎日の悩みが消える」働き方の教科書

本書は、読者から寄せられた質問に対して、1問1答する形式の本です。290の質問に対して回答しています。1つの質問につき、1ページの半分ぐらいを割いて回答されています。

1つ1つの質問は、そそれぞれ独立しているので、どのページから読んでも差し支えがありません。あなたが悩んでいることに関連する質問の箇所だけを読んでも十分に役に立ちます。

以下、特に役に立つ内容について取り上げます。

スポンサードリンク

人間関係を深めたい相手との距離の効果的な縮め方

人間関係を深めたい相手の家族にプレゼントを送ることです。奥さんやその家の子供が喜ぶプレゼントを送るのです。

子供が喜ぶといえば、例えば、お菓子やアイスクリームです。別に高価なものでなくてもよいのです。

管理職のポストが足りなくて自分が出世出来ないと嘆いているあなたへ

上に上がることができないのは、その時の会社の組織の状況が大きく関係して、自分ではどうしようもないことが多いです。自分でコントロール出来ないことに悩むのは時間の無駄です。

藤原さんは、こう考えれば良いと言っています。

それは、現場から始まって管理職を経たとしても、また現場に戻るキャリアを作りなさいと。一方的に上の階級に上がっていくばかりが、出世と考えなくてもいいんじゃないかとう考え方です。管理職は、所詮マネージメントが仕事です。現場のことが疎くなりがちです。管理職では磨けない現場でのエキスパートになってはどうかと提案しています。

レアな人材になる方法

自分の キャリアを複数掛け合わせることで、レアな人材になれると提案しています。たとえば、1/100×1/100×1/100=1/100万の存在になれば、相当希少価値のある人材になることが出来るはずです。この内容は、こちらの記事で紹介した藤原さんの別の書籍でも同じことが書かれています。

一つの分野で一流になるというのは、例えばスポーツで言えば、オリンピックの代表選手に選ばれるくらいのレベルになるとことを意味します。正直、普通の人は到底到達できないレベルの高さなので、現実的ではありません。

でも、スキルを掛け合わせれば競合が一気に少なくなるので、比較的容易に他の人との差別化ができるはずです。こちらの記事で紹介した藤原さんの本では、掛け合わせるスキルの分野が遠くなればなるほど、希少性が増すと言っています。

人と心を開いて話す簡単な方法

自分のマイナス面を解放してしまうことです。自慢できることではなくコンプレックスに感じていることをあえて人に話してみると、一気に心を開いて話すことができます。格好をつけずに、自分の弱みや本音をぶつけてしまった方が人と打ち解けることが出来ます。

素人が専門家になる簡単な意識

藤原さんが挙げる例として、ご自身のことを美術館と勝手に呼んで美術の専門家の振る舞いをして、美術館巡りをしていたそうです。多分、最初は美術のど素人だったはずです。でも、自分は美術の専門家というマインドセットで生きているうちに、だんだんと本当の美術に詳しい専門家になっていったそうです。

自分は、○○の専門家である、というマインドセットを持ってしまうことが、素人から本当の専門家になる早道です。

まとめ

本の題名のとおり、仕事の悩みについての質問について藤原さんの考えを記載する形式の本です。290ものの質問がありますので、あなたが悩んでいることのいくつかの質問が本書の中に含まれていると思います。全てをくまなく読む必要はないかもしれませんが、ぱっと本書を手にとって、ご自身が悩んでいる内容の部分だけを掻い摘まんで読むだけでも、本書を購入する意味があります。

スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

市場価値を高める方法は?希少(レア)な人材を目指す人のお勧め本

一流の人間になる方法(マナー・習慣・考え方・対人関係の共通点)

野村克也の本のおすすめ「師弟」宮本慎也との対談はビジネス書

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

本田健の本のお勧め「なぜあの人はいつも好かれるのか」のまとめ

人間関係に悩んでいる人、いつも憂鬱な気持ちな人は、必読の書です。 「なぜ、あの人 …

現代史の勉強におすすめの本を読み最新の世界動向を知る

世界は腹黒い。日本が世界の中で生きていくために、日本人は地政学をしっかり学ぶ必要 …

仕事や勉強(学力)で自分の能力に限界を感じた時に読むお勧めの本

分際とは身の程ということだ。財産でも才能でも、自分に与えられた量や質の限度を知り …

子供用百科事典(図鑑)のお勧めは?国語の専門家斎藤孝先生が紹介

「国語力 やくみつる 斎藤孝 辰巳出版」 ↓ 【中古】国語力 /辰巳出版/やくみ …

マンションの買い時はいつ?今すぐか東京オリンピック後まで待つか?

マンションや一軒家の購入をご検討されているあなた! 「月々6万円で夢のマイホーム …

野村克也の本のおすすめ「師弟」宮本慎也との対談はビジネス書

仕事にやる気がなくなったり、気合いが入らなくなった時には、やっぱり野村さんの本が …

ブログ初心者におすすめの本(アクセスが来なくて止めてしまう前に)

ブログを運営しているが、「アクセスが集まらない」「収益が上がらない」と感じている …

数学を勉強する目的は?社会人になると算数は何の役にも立たない?

数学や算数なんて勉強して何の役に立つの?中学生や高校生の時に、一度は疑問に思った …

小山昇の評判の本「1日36万円のかばん持ち」はビジネスマンにお勧め

本書を読むことをおすすめするのは、 ・創業社長 ・サラリーマンだが、会社の中では …

加藤諦三さんの本を読めば簡単に悩みの原因分析と解決が出来る!

常に悩みにさいまなれている人っていませんか? というか、ご自身が常に「悩み」に明 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.