Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

広告を出しても商品が売れない悩みを解決する広告事例集の本

      2016/07/31

「広告を出しても全然商品が売れない。毎回、広告費が飛んでいくだけだ」と悩んでいる方に向けての記事です。そんな方の悩みの解決のきっかけとなるかもしれませんので、下記の書籍をご紹介致します。

世界ナンバー1マーケティングコンサルタントである、ダン・ケネディはこのように言っています。

「こんな安い価格でこれほどの多くの情報を詰め込むなんて面白く無い。
この本は10万円か20万円で売る価値があるはずだ。これが当たり前と思われては困る。 物書きとしては迷惑していると言わざる得ない。 この本はやりすぎた。読者にとってはお得でも、私たちにとっては頭痛の種である」

『ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集』 著者:ビル・グレイザー:
価格:2980円(税抜、送料無料)

ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集

スポンサードリンク

広告のやり方を一回見直す

あなたが広告について、今まで学んだやり方を一旦忘れてた方が良いこともあります。

今までのやり方とは、チラシ作りの「プロ」、集客「コンサルタント」、マーケティングの「エキスパート」が教えている正攻法で、面倒ななやり方です。

でも、本書にはそんな面倒なやり方以外のワザも書いてあります。

これはとても楽しく、簡単な上に(例えば、30分もかからなかったり)、商品が大量に売れるという技です。

ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集

著名人も絶賛しています

そんなことを言っても、うさん臭いと思われるでしょう。

でも、本書『ビックリするほどよく売れる「超」ぶっとび広告事例集』は色々な分野の世界的な有名人が絶賛しています。

例えば、”ダン・ケネディ”、米国でトップ5に入る講演家”ブライアン・トレーシー”、 営業の神様”トム・ホプキンス”などです。

本書は、マーケティングやセールスの世界的権威が推薦する良書です。

PS
本書は、一般の書店で売っていない本です。ダイレクト出版という会社からのみ出版しています。 ダイレクト出版さんの情報によると、本書の販売はテストマーケティングだそうです。本書のマーケティングがうまくいかないと分かったら、即刻、販売を中止すると言っています。

実際に、これまでダイレクト出版さんから出した本の中で、2冊に1冊程度は販売中止になっているそうです。つまり、時期を逃すと二度と手に入らないです。

そのため、もしご興味を持たれたのなら、今すぐに本書をチェックすることをお勧め致します。
ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集

スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

反応率の高い広告を作る方法

トイレ掃除で運気が上がると自己啓発書(ビジネス書)は言うが本当?

プレゼン中に聴衆を居眠りさせない上手く話す方法

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

小山昇の評判の本「1日36万円のかばん持ち」はビジネスマンにお勧め

本書を読むことをおすすめするのは、 ・創業社長 ・サラリーマンだが、会社の中では …

将来に不安や絶望を感じる若者(若年層・若い世代)の幸福度は?

少子高齢化、社会保障費の増大、年金支給開始年齢の延長、日本経済の成長低迷。経済的 …

梅原大吾さんの本でゲームばかりやって勉強をしない子の育て方を学ぶ

本書を読むことをもっともおすすめする方は、 ・幼児、小学生、中学生くらいまでのお …

孫との付き合い方や接し方が分からなくて悩んでいる時にお勧めの本

孫への接し方が分からないという時に参考になります。 「祖父の流儀(ダンディズム) …

現代史の勉強におすすめの本を読み最新の世界動向を知る

世界は腹黒い。日本が世界の中で生きていくために、日本人は地政学をしっかり学ぶ必要 …

堀江貴文の本のおすすめ「君はどこにでも行ける」で日本と海外を知る

最近、テレビを観ていると「日本は○○で世界一」などと言って、日本の凄さを自画自賛 …

ケントギルバートの本のお勧め「自虐史」日本人が外国人に舐めらない方法

日本人が外国の人と付き合っていく上での心構えが書いてあります。外国の人と直接接す …

グローバル化のメリットは日本にあるのか?必要性と問題点を考える本

本のタイトル通り、現代の時流である「グローバル社会」とは逆の社会を目指そうという …

心が病んだ時に読む本なら小林正観さんが一番!重要ポイントと感想

心が病んでいる時は、小林正観さんの本に限ります。自己嫌悪、鬱になりそうな時は早め …

コンビニオーナーの実態を三宮貞雄の本で知る!店長の悲惨な現実とは

「会社を辞めて(脱サラして)コンビニのオーナー(店長)になってみようか!」と考え …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.