Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

がんを宣告(告知)され落ち込み動揺(パニック)する時にお勧めの本

      2016/12/29

がんを告知されて、落ち込んでいたり、パニックになっている方は、今すぐ読んで下さい。

「がんを告知されたら読む本 専門医ががん患者にこれだけは知っておきたい”がん”の話 谷川啓司 ビオセラクリニック 院長 医学博士 プレジデント社」
がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話

「がん」を正しく知る

本書は、巷にあふれているような、根拠なくがん患者を励ますための本ではありません。いつもがん患者と向き合っているがんの専門医が書いた本です。「がんのことを正しく理解する」ことが目的です。

読むと分かりますが、「がん」になったからと言って、焦ったり落ち込んだりする必要はありません。

一般に、「がん」=「すぐに死ぬ」というイメージがありますが、すぐに死につながる訳ではありません。がんと診断されてからも、まだまだ生きる時間は残されています。

もちろん、「がん」のことを正しく理解し、「がん」と上手く付き合っていきながら生きていく必要があります。本書は、その手掛かりとなる本です。

すでに「がん」と診断された人はもちろんですが、「がんに罹るのが怖い」と不安に思っている方にも必読の本です。

「なんとなく不安」に思っている精神状態が一番良くないです。とにかく、一刻も早く本書を読んで、がんについて正しく理解されることをお勧めします。

スポンサードリンク

そもそも「がん」とは?

がん細胞自体に痛みや苦痛を引き起こす力はありません。がんは一言で言うと、「がん細胞という役に立たない細胞が続ける」病気です。そして、いつまでも増え続ける、発生場所とは別の場所に転移できるという特徴があります。

出典:がんを告知されたら読む本

まず、「がん」になったからといってすぐに身体に症状が出る訳ではないです。そして、「がん細胞」自体が原因で死ぬということもないです。

がんになりやすい原因は?

細胞分裂の回数が増えるとがんになる確率が上がるそうです。 例えば、「辛い物や刺激の強いものを頻繁に食べる」「便秘をしがち」「日焼けをし過ぎる」といったことで、細胞分裂の回数は増えてしまいます。

しかし、もっと決定的な原因は以下の通りです。

なんといっても、遺伝子の写し間違いを一番起こしやすいのは放射線です。放射線は遺伝子を傷つけるので放射線を大量にあげれば 遺伝子の間違いは起きやすくなります。

出典:がんを告知されたら読む本

日常生活において、放射線はあんまり縁のないものです。

2011年の震災によってメルトダウンを起こした福島原発からは、大量の放射能が放出されました。これは特別な例です。

でも、日常生活で放射線を浴びないように注意をしようにも、どうしようもありません。

つまり、何が言いたいかというと、「がん」になるのは本当に偶然であり、自分ではコントロールが出来ないような運の要素が大きいのです。まずは、その点を受け入れるしかありません。

がんと診断されたらどう考えるべきか?

がんは偶然できるものである以上、どれだけ予防しようと思ってもなる時にはなってしまいます。大切なのは、がんになってしまった現実を受け止めて、今後の対策を立てることです。

出典:がんを告知されたら読む本

筆者は、「日本人がガンで死ぬ確率が多くなっていることの原因は、日本は世界一の長寿国だから」と言っています。別の言い方をすると、日本人は医療の発達などで、がん以外の原因で死ぬリスクがほとんどないといことです。

そう考えると、日本人が「がん」になってしまうのは、多くの人にとって、当たり前のことと考えてもいいのではないでしょうか?

がん治療の目的を間違えないように

がん治療の本当の目的はがんを治すことではなく、元気に長生きして、そして出来れば本来の寿命をまっとうするまで生きることです。

出典:がんを告知されたら読む本

「がんを完治させないと死んでしまう」と考えるからこそ、とてもショックで落ち込んでしまうのです。

そもそも、がんを完治させることは不可能であると考えた方が良いです。

しかし一方で、がんにかかったからといって、すぐに死ぬことはありません。当面は、今までどおりに普通に元気な状態で生きることが出来ます。

がんが原因で死ぬという意味は、正確には「がん細胞が次第に発達していき、大腸、肝臓、腎臓といった、人間が生きるのに必要な臓器が機能しなくなってしまう」ことが原因です。

ですから、がんが出来たからといってすぐに死ぬことはないので、その点を理解し、まずは心を落ち着かせる必要があります。

今回は、ここまで。続きは次回へ続く。
がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん”の話

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

胃を摘出後の食事(レシピ)にお勧めの本3冊

老後に必要なお金をいくらまで貯められるか心配で不安な時に読む本

 - 健康

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

糖尿病でも安心なレストラン(東京・大阪)とスイーツやパンの情報本

糖尿病の食事制限でつらさやストレスを感じなくて良い食事療法とは?で紹介した本の続 …

谷川啓司医師の評判は?「がんを告知されたら読む本」から人柄を判断

前回の記事の続きです。 谷川先生は、がんの専門医として権威のある方です。 大変辛 …

胃GISTの手術と抗がん剤(薬)治療による副作用(体験談)

私の父親に発症した胃GIST。今回は、胃GISTの切除手術と術後の抗がん剤による …

東京駅付近(大手町・丸の内)の歯医者でお勧め評判の良い先生の紹介

今日は、歯医者の紹介です。東京駅(大手町・丸の内)近くにオフィスがある方で、仕事 …

手足口病で爪が剥がれ(めくれ)たり割れたりする時期はいつ頃か?

風呂上りにバスタオルで身体を拭いていたら、突然指先に「ビリっ」と痛みが走りました …

GIST(ジスト)の本(専門書)でお勧めは?GISTガイドブック

このページを読まれている方は、「GIST(消化管間質腫瘍)とは何か?」「生存率は …

扁桃炎が治るまでの期間は?薬が効かず頭の神経痛で苦しんだ体験談

このページを訪れた殆どの方は、今まさに扁桃炎の喉の痛みや原因不明の頭痛で苦しんで …

食品添加物を避けた買い物をして健康と食生活から子供を守る方法

日頃私たちが買って食べている食べ物に、食品添加物がどのくらい含まれているのか?一 …

グリベック副作用の対策!GIST治療で1年経験した体調変化の傾向

私の父は66歳の時、胃に出来たGISTという希少がんの摘出手術を受けました。(G …

胃を摘出後の食事(レシピ)にお勧めの本3冊

何らかの病気が原因で、胃を切る手術をした人が困るのが、退院後の食生活です。 今回 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.