Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

子どもに注意し過ぎは良くないの?適度とは【NHKすくすく子育て】

   

ついつい子どもにガミガミ注意してしまう。気が付いたら、子供の1つ1つの行動に対して、「あれダメ」「これはダメ」「〇〇しなさい」などと小言ばかりを言っている自分がいた。

そして、「こんなに子どもに口出しばかりしていいのかしら?」と不安になっている方への情報です。

2016年放送のNHKすくすく子育て「私、口出しすぎ?」が情報源です。

今の時代、昔と違って子育てが難しい

30年、40年以上も前の日本は、子供は親の目を離れた場所で自由に遊ばせていたらしいです。でも、今は地域の治安が心配で、幼児は常に親(特に母親)とべったり一緒に過ごす時間が多いです。

そうなると、必然的に親が子どもに指示・命令・禁止の言葉を掛ける機会が多くなります。

そこで、今回は「どの程度まで親は口出しをするべきか?」についてお話します。

スポンサードリンク

①口出しし過ぎると、子どもが自発的に動かなくならないかが心配

対策1:子どもと同じ行動をすること

例えば、食事のマナーについて過度の口出しをしてしまうなら、子供と一緒に食事を取ることです。子どもだけ食事を食べさせて、自分は後から食べるというのはNG。

子どもは、親の姿を見て育ちます。だから、食事のマナーを教えたければ、口出しをする代わりに、一緒に食事をして親が手本となる姿を見せればよいのです。

対策2:口出しをする回数自体にはこだわらなくて良い

それより、口出しの内容が肝心です。指示・命令・禁止、この3つに該当する言葉ばかりを発していたら要注意です。子どもが自発的に行動する目を摘んでしまいます。

子どもの行動が改善するまでに、時間は掛かるかもしれないけど、なるべく子どもの行動を見守る努力は必要です。

②危険な行動をした時に、ついつい先回りして注意してしまう

対策:見守れるケースであれば、口出しするのをぐっと我慢すること

人間は、動物です。人間の子どもは、本能として「自分の命を自分で守る行動をする」ようにプログラムされています。だから、過度に子どもの危険に注意しなくても、自分で身を守る行動をするものです。

例えば、滑り台で遊ぶ時。1歳や2歳の子どもを滑り台の上に登らせて、親が離れた場合、子どもはどのような行動を取るでしょうか?

「子どもは後ろ向きになって、滑り台を降りるでしょう?」と専門家の1人が説明されていました。

③親が口出し注意ばかりしていて、子どもが「お母さん(ママ)が怖い」と言い出した!臆病な子どもにならないか心配

回答:そんなことでは、臆病な子どもにはならない。

なお、「怖い、怖い」と言っているのは、文字通りにお母さんのことを怖いと言っているとは限りません。

口出しグセの改善をするワーク

・完璧を目指さないこと。そして、子どもの成長を焦らないこと

・自分の子どもの良いところを20個挙げてみる。

そうすると、子どもに口出しをしたくなるような欠点ではなく、子どもの良い点が見えてくる。そうすると、自ずと子どもに口出しをする頻度が減るでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

子どもは、親が口出しせずにだまっていても、勝手に成長するものです。子どもの立場にむやみやたらに口出しを

過度な口出しをするのをやめて、子どもに自分で物事を選択させてあげるようにするのが本当は一番良いです。

一言で言うと、「子供の気持ちに立ちなさい!」ということです。

<この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます>

殆どの親が間違っている「おもちゃを貸して!」と友達から言われた時の親の正しい見守り方とは

子どもが精神障害になる家庭や両親の共通点は?押川剛さんから学んだ

子どものしつけ(躾)はいつからどの程度厳しくするのが正しいのか?

 - 子育て

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三輪車はいつからいつまで乗れる?買う必要があるのか?(経験談)

もしも、あなたが子供に三輪車を買おうか迷っていたら、この記事を読んでください。 …

前橋生涯学習センター(少年科学館)の駐車場料金は無料?混雑時の空きの探し方も

群馬県って子供向けの公共施設のサービスが充実していていいですね。 先日、うちの子 …

ほっとるーむ(松戸)で幼児を遊ばせながら子育ての悩みを相談しよう

  「ほっとるーむ」を知らない、もしくは、周りに知り合いがいなくて自分 …

幼児の服の着せ方と安全な服の選び方(赤ちゃんにとって危険な服は)

子供(赤ちゃん、幼児)の服の選び方、着せ方のポイントを取り上げます。 「2016 …

スマホ型の知育おもちゃの人気は?男の子用の2018年クリスマスプレゼント向け

12月10日日曜日、群馬県は寒波が来て非常に寒い日でした。もう暖房がないと耐えら …

子どものしつけ(躾)はいつからどの程度厳しくするのが正しいのか?

両親にとって、子どもの「しつけ」はいつ頃から、どの程度するのが良いのかよく分かり …

no image
学力テスト2019(小学校)都道府県別の順位は?学力が高いのはどこ?

2019年(平成31年度)の全国学力テスト(小学校)の結果は、情報が出次第アップ …

父親の育児参加に対する母親の不満理由ベスト3と対策

イクメンという言葉が流行り、父親も積極的に育児に参加するのが当たり前?というのが …

赤ちゃんの体温調節を服装や布団で行い幼児を風邪から守る方法

子どもの体温調整は難しいです。特に、赤ちゃんや幼児は、そもそも大人と体温が違うの …

電動付きママチャリは子供の安全のため価格が高い物を買うべき理由

「子供乗せ自転車(ママチャリ)の安全性が心配で反対の時どれを買う?」では、子ども …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.