Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

矢沢永吉の成り上がりの内容は貧乏と怒りを開放するヒントが満載?

      2016/05/14

「成りあがり 矢沢永吉 角川文庫」
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)

昭和53年に書かれた本です。矢沢さんが20代後半くらいの時の本です。矢沢さんは、家庭環境に恵まれず、幼少期から10代後半まで辛い思いをされてきたことが分かりました。以前紹介した本の冨永愛さんと同じように、子どもの頃は恵まれなかったようです。

世代は違うけれども、矢沢さんと冨永さんが世界的に有名になるまでの境遇、そしてその原動力は共通する部分があるように思いました。

口頭形式で書かれています。まだ矢沢さんが若かった頃ということもあるのか、汚い言葉遣いの部分もあります。その点は、正直読んでいてあまり気分は良くありませんでした。

でも、不遇な境遇から「絶対に見返してやる。金を稼いでやる」という信念を持ち続けて努力してこられたことが良く分かります。スターになるための努力をされてきたストーリーは、勉強になりました。

お勧めの対象読者

・貧乏から這い上がりたい人(金持ちになりたい人)
・生きている目的が分からなくなっている人
・自分の人生に怒りを持っているがどうすればいいかが分からない人
・お金なんか大事じゃないと思っている人
・平和ボケしている人

スポンサードリンク

矢沢さんから学ぶ点

一言でいうと、「努力をし続けろ」ということです。

(1)売れても調子に乗らず、上に上に登るために努力をし続けた。

売れても有頂天にならなかった矢沢さんの意志の強さが本書から読み取れました。逆にバンドの周りのメンバーは、飲みに出歩いたり、薬に手を出したりとだらしない生活になっていくことが書かれており、対照的です。

(2)売れてお金が稼げるようになっても、財せず一定の割合でお金を貯め続けた

そして、家族(妻と子ども)のためにお金を使う。

矢沢さんは、受け取った報酬はしっかりと4人のバンドのメンバときっちり4等分していたそうです。でも、矢沢さんはお金が貯まっている一方で、他のメンバは全くお金が貯まらなかったそうです。

その理由は簡単です。
矢沢さん以外のメンバは、飲んだり遊んだりと散財をし、お金を貯めることが出来ない反面、矢沢さんは決して無駄遣いはしない生活を送られていたそうです。

仕事が終わるとまっすぐ家に帰る。そして、安いアパートに住み、お金を節約していたとのことです。

(3)お金を稼ぐことを肯定し、お金があれば、殆どのものは買えるとはっきりとっています。

幼少期から20代で売れるまで、貧乏でずっとお金に困っていたからこそ、出てくる言葉だと感じました。よく「お金より、○○が大事」なんて言葉を聞きますが、私はお金が一番大事という矢沢さんの意見に賛成出来ます。

スポンサードリンク

「成りあがり」のまとめ

冒頭にも言いましたが、本書は言葉遣いという点ではちょっと頂けません。でも、題名通り「成りあがる」ためには、目標と立ててそれ相応の努力の継続が必要だということが良く分かります。
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)

ところで、芸能界って、人脈次第で長く芸能界に生き残れるかの明暗が分かれるみたいです。でも、人脈って、芸能人だけでなく私たち一般人にもすごく大事です。人脈構築の本の中で、最も役に立った本はこちら

マル秘・人脈活用術

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

冨永愛の現在は過去のいじめや家庭崩壊を乗り越えた結果(お勧め本)

蛭子能収さんから本音で生きる術を学ぶ

学歴コンプレックス(高卒Fラン三流大学)の苦しみを克服する方法

 - おすすめ本

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

榎木英介の評判の本「医者ムラの真実」はビジネス書としてもお勧め

本書を読むことをおすすめの方は、 ・医療の世界の現実を客観的に知ってみたいと思う …

副業がばれるのが怖い?会社に頼らない生き方を荻原博子氏から学ぶ

今勤めている会社だけでお金を稼ごうとするから、息苦しくなります。将来が不安になり …

お金を貸すべきか悩んでいる時に読む本!簡単な判断基準や決断方法

人生の悩みに効く本です。 「幸も不幸もないんですよ 人にお金に運に好かれる法則 …

市場価値を高める方法は?希少(レア)な人材を目指す人のお勧め本

希少価値のある人材になる必要性と方法が書いてあります。 「藤原和博の必ず食える1 …

人の目が気になる性格で仕事や勉強がはかどらないと悩んだ時に読む本

ビジネス書です。ビジネスパーソンは絶対に読んだ方がいい本です。1日で読めます。 …

松浦弥太郎の本がお勧め「世界を仕事場」で中国米国フランスを知る

こちらの記事で堀江貴文さんが言っていたように、自分の意志さえあれば、ガンガン海外 …

性格は変えられないが考え方と嫉妬の仕方は変えることが出来る

こういうことを知っていると、人間関係がずっと楽になります。また、子育てにもすごく …

大学か専門学校か・田舎か都会か・マイホームか賃貸か迷ったら読む本

人生には2択に迫られる局面が何度もあります。もちろん最終的には自分が決断する必要 …

ケントギルバートの本のお勧め「自虐史」日本人が外国人に舐めらない方法

日本人が外国の人と付き合っていく上での心構えが書いてあります。外国の人と直接接す …

上野千鶴子の本「おひとりさまの最期」施設か在宅死に迷ったら読む

2007年に 有名になった おひとりさまの老後を書いた著者です。その続編と言って …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.