Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

人脈を広げる方法の中で誰でも簡単に真似が出来る実践的方法とは?

      2016/05/14

人脈ってやっぱり大切です。人脈作りのプロが書いた本を読むと、そのことが再認識出来ます。

「すごい人脈!一流の人脈、最高の人脈のつくりかた 中島孝志(著)マガジンハウス」
すごい人脈! 一流の人脈、最高の人脈のつくりかた

本書の内容をひと言で解釈すると、

「職場や近所の人など、日常生活の人脈を大切にしつつ、新しい人脈作りについては、遠慮なく自分からどんどんアプローチしなさい。」

といったところです。

著者は、人脈作りの天才的な方なので、一般の人が本書に書いてることを全て簡単に実行出来る訳ではありません。そこで今回、取っ掛かりとしては実行(意識)しやすい項目を3つに絞って、取り上げたいと思います。

スポンサードリンク

誰でも簡単に実践出来る人脈作りのコツとは?

(1)お礼の手紙を書く

初めて会った人に対して大事なのは、第一印象です。例えば、

・時間を守る

・髪型や服装がしっかりしているか

・会う相手の情報を調べてきているか

などです。

でも、第一印象だけでなく、第二印象も大事だと著者は言っています。

具体的には、人と会った後は、礼状を出すこと。しかも、会ったその日のうちに書いて出すこと。絵葉書を使い、ひと言ふた言で構わないそうです。たったこれだけで印象が全然違うといっています。
そういえば、で紹介した本でも同じことを言っていました。
著者の中島先生と美月さんも人脈として繋がっているんですかね。
コメント:
私事ですが、私は以前、ランチェスター経営で有名な竹田陽一先生のCD教材を買ったことがあります。すると、その教材の中にはなんと竹田先生直筆のお礼と激励の手紙が入っていました。あの有名な先生から直筆の手紙をもらえたことに感動しました。このような対応をされると、一気にファンになってしまいます。

確かに、お礼の手紙を出すということは、ほんの些細なことですが非常に効果のあることと思われるので、これからは私も新しく会った人にはお礼の手紙を書いてみようと思います。特に、ネットの時代となり、メールやSNSで簡単にコミュニケーションが取れる時代だからこそ、手紙の効果は高いのかもしれません。

別の言い方をすると、マメな人は人脈が上手く構築出来るとも言えるかもしれません。

(2)敵をつくらない

自分が人脈を広げたり、リーダーとして活躍していると、必ず嫉妬や非難をする人が現れるものです。じゃあ、そういう人に対して、どう対応すればよいのでしょうか?本書で提案するベストアンサーは「平素から愛嬌を振りまき、嫉妬や非難するような敵を作らない努力をすること」です。籠絡(ろうらく)することが出来ないようでは、人脈作りをする資格がないという考えです。

※籠絡(ろうらく):人をうまくまるめこんで思うままにすること
コメント:
確かに幅広く人脈を広げられるような超人的な人は、このような思考の域に達しているのでしょう。

一方で、セールスに関する教材を勉強すると、「批判する人は一定数いるものだから、そんなのは無視。批判に無神経になることが大事」と教えられたりもします。これは多分「周りの批判を恐れていたら、何も進めない(出来ない)よ」という意味なんじゃないかと思います。

ということで、過度に気にする必要はないけれど、出来ることなら「嫉妬や非難をされるような言動は慎み、なるべく敵は作らない心がけが大切」という意識で人間関係を作っていくのがいいと思いました。

 

(3)ネットを活用する

自分のブログやホームページを開設し、自分から情報発信をする。ネットを通じて、普段会えないような人との出会いがある。
コメント:
重要なことは「情報発信をするところに、情報が集まる」ということです。つまり、自分が有益となる脈を作りたいなら「相手のメリットになるような情報を提供しないといけない」ということだと思います。今の時代、ブログやホームページなら誰でも安価で開設することが出来ますので、使わない手はないです。

尚、本書は、2009年に出版された本なので書いてありませんでしたが、FaceBookやTwitterなどのSNSも立派な人脈構築法として活用出来ると思います。

最後に

本書から学んだことを総括して:

周りの人のサポートがあって、今の自分があるという謙虚な気持を持っていれば、人脈を大切にする行動を自然とするのではないでしょうか。

そして、せっかく勉強会やセミナーなどで新しい人と会ったのなら、自分から進んで「明日ご飯どうですか?」とか「いついつ電話してもいいですか?」とアポを取る習慣を身に付けることが、人脈作りの第一歩です。
すごい人脈! 一流の人脈、最高の人脈のつくりかた

PS.
初対面の人と(もちろん、相手がどんな相手でも)出会って10分で、
その人から好印象を持たれる方法があります。

その方法とは何なのか?あなたのことを「特別だ」と思ってもらう、人脈構築の最強の方法が書いてある本があります。
※詳しくは、50ページを開いてください。

マル秘・人脈活用術

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

一流の人間になる方法(マナー・習慣・考え方・対人関係の共通点)

市場価値を高める方法は?希少(レア)な人材を目指す人のお勧め本

都会生活に疲れて田舎暮らしをしたいが仕事がなくて諦める前に読む本

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アメリカの共和党と民主党の違いと思想がよくわかる本

新聞やテレビのニュースを見ていても、内容が難しくてよく理解出来ないことって多いで …

性格は変えられないが考え方と嫉妬の仕方は変えることが出来る

こういうことを知っていると、人間関係がずっと楽になります。また、子育てにもすごく …

ケントギルバートの本のお勧め「自虐史」日本人が外国人に舐めらない方法

日本人が外国の人と付き合っていく上での心構えが書いてあります。外国の人と直接接す …

来夢さんの春夏秋冬理論は占い?人生サイクルが分かるビジネス書

読むと「なるほど、確かにそうかも知れない」と納得出来ました。 人生を成功に導く星 …

藤原和博の評判の「本を読む人だけが手にするもの」簡単に上位10%

1ヶ月に1冊も本を読まない人が2人に1人ですって?こりゃ、ちょっと本を読む習慣が …

榎木英介の評判の本「医者ムラの真実」はビジネス書としてもお勧め

本書を読むことをおすすめの方は、 ・医療の世界の現実を客観的に知ってみたいと思う …

頑張っているのに報われず精神的につらくて落ち込んでいる時に読む本

頑張ってるんだけど、成果が出ない。何をやってもダメだ。もうこんな自分が嫌だ。自分 …

矢沢永吉の成り上がりの内容は貧乏と怒りを開放するヒントが満載?

「成りあがり 矢沢永吉 角川文庫」 成りあがり How to be BIG―矢沢 …

都会生活に疲れて田舎暮らしをしたいが仕事がなくて諦める前に読む本

もう都会での生活が疲れた。通勤電車も、人込みも、社会のスピードも。1回嫌になると …

野村克也の本のおすすめ「師弟」宮本慎也との対談はビジネス書

仕事にやる気がなくなったり、気合いが入らなくなった時には、やっぱり野村さんの本が …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.