Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

哀川翔の本「使われる極意-哀川職業安定所」の重要ポイントと感想

      2016/09/26

哀川翔さんはビジネス書を出していた

Vシネマやバラエティ番組に引っ張りだこの哀川翔さん。

哀川さんは、本を出していたので、ここに紹介します。

「使われる極意 – 哀川職業安定所 すべては、呼ばれるために」
使われる極意―哀川職業安定所 すべては、呼ばれるために

哀川翔著 (東邦出版)

自分のこれまでの体験を基に書かれて本であり、主に仕事の内容が多いです。楽しく読ませて貰った一方、この本はビジネスマンにとって役に立つ要素も散りばめられており、良いビジネス書でした。

スポンサードリンク

哀川翔さんの書籍の重要ポイント

与えられた目の前の仕事をとにかく必死でやれ。

(先日のブログに書いたように、堀江貴文さんとほぼ同じことを言っている)

→これって、すごく当たり前のことのように思えますが、長く同じ仕事を続けていると、ただ単に惰性でやっていたり、ダラダラとやっていたりす

る時が出くると思います。そんな時、こういう本を読むと、再び気合が入ります。

時間に遅れるな。必ず守れ。
→哀川さんは絶対に待ち合わせ時間に遅れないそうです。

これも当たり前過ぎることですが、守れない人が沢山いる中、自分はしっかりと時間を守ることが出来れば、それだけで人との差別化が出来るということです。確かに、こんな簡単なことで差別化できるなら、絶対やった方がいいですね。
メールやSNSで連絡するより、結局は顔を合わせるのが一番。

→他の人がメールやSNSで遠隔から人に会ってお願いごとをするより、敢えて自分は直接訪問して、会って話をした方が相手の印象が良くなるということ。(メールより、顔を合わせることに勝ることはない。)

1日やんだら、次の日は人の10倍やらなければ追いつけない。
 それくらい遅れるんだって考える。
(本でも出てきた芸能人の例として勝俣さん)。芸能界で生き残っている人はみんな、休みなんか取らずに根性のある人。
→相川さんは基本的に休まない。
会社員にとって、有給は年間20日前後あたら得られている。
高熱が出たとか、親族がなくなったといったやむを得ない時以外に、
有給で休むなんて、特に甘っちょろいことを言っている場合ではない
と思えるようになります。

まとめ

仕事を一所懸命やって、成果を出したとお思っているが、せっかくもらえる有給休暇もしっかり取りたい。なるべく残業をせずに楽した状態で、なるべく沢山給料をもらいたいと思っているような甘ったれサラリーマンにとって、気合の入る1冊です。
使われる極意―哀川職業安定所 すべては、呼ばれるために

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

矢沢永吉の成り上がりの内容は貧乏と怒りを開放するヒントが満載

冨永愛の現在は過去のいじめや家庭崩壊を乗り越えた結果(お勧め本)

石坂浩二の鑑定団の降板理由から学ぶ人間関係と酒席での注意点とは?

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

批判が怖くて言いたいことが言えない人が自信がつくお勧めの本

この本はブログで炎上を恐れず、自分の言いたいことを遠慮なくどんどん言うことを読者 …

荻原博子氏の本で老後に備えた貯金と節約をして家計防衛をする

副業がばれるのが怖い?会社に頼らない生き方を荻原博子氏から学ぶで紹介した本もそう …

子どもの国語力を伸ばす方法!斎藤孝先生の親子で伸ばす「言葉の力」

子どもの学力に直結する能力。それは、国語力、言葉の力です。国語、算数、理科、社会 …

お金持ちの習慣と心がけの中で最も重要で誰でも実践出来ることとは?

実りのある人生を送るために、ものすごく重要なことが学べたのでどうしても紹介したく …

出口治明さんの本から学ぶ!賢いお金の使い方とお金の教養

賢いお金の使い方を学ぶなら、この本は一読の価値があります。↓ 働く君に伝えたい「 …

ちきりんの本がお勧め「悩みどころと逃げどころ」梅原さんとの対談

前回の記事の続きです。 悩みどころと逃げどころ 著者はちきりんと梅原大吾さん 小 …

藤原和博の評判の「本を読む人だけが手にするもの」簡単に上位10%

1ヶ月に1冊も本を読まない人が2人に1人ですって?こりゃ、ちょっと本を読む習慣が …

梅原大吾さんの本でゲームばかりやって勉強をしない子の育て方を学ぶ

本書を読むことをもっともおすすめする方は、 ・幼児、小学生、中学生くらいまでのお …

広告を出しても商品が売れない悩みを解決する広告事例集の本

「広告を出しても全然商品が売れない。毎回、広告費が飛んでいくだけだ」と悩んでいる …

グローバル化のメリットは日本にあるのか?必要性と問題点を考える本

本のタイトル通り、現代の時流である「グローバル社会」とは逆の社会を目指そうという …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.