Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

ケントギルバートの本のお勧め「自虐史」日本人が外国人に舐めらない方法

   

ケントギルバート自虐史

日本人が外国の人と付き合っていく上での心構えが書いてあります。外国の人と直接接する機会がある人は、痛い目に遭う前に読んでおいた方が良いです。

やっと自虐史観のアホらしさに気がついた日本人 ケントギルバート php
やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

スポンサードリンク

誠実な態度が必ずしも外国で通用するとは限らない

真面目な日本人はどのような問題に対しても、誰に対してでも誠実に対応しようとします。問題があったら、まずは自分に非がなかったかどうかを考えるし、とりあえず「すみません」と謝ってしまうことがあります。日本人同士なら、この対応で全く問題がないし、むしろ問題をスムーズに解決する良い手段となります。

でも、日本人以外の人に、この方法が通用するかというと疑問です。

私は今、中国の会社の人と一緒に仕事をしています。日本人の常識が全く通用しないということを痛感しています。私のケースで言うと、以下のことを痛感しています。

・平気で嘘をつく

例えば、私が「ここが分からないから教えてください」と聞くと「分かりません。経験がないから知りません」と面倒臭そうに平気で言い放ちます。でも、本当は絶対に知っている内容なのです。教えるのが面倒なのか、自分の知識を他人に教えたくないのか、簡単には教えてくれません。

しかし、その後、その中国人の上司を通してお願いをすると、あっさりと教えてくれます。

この話、単純に私がその中国人に舐められているんじゃないか!?という話もありますが、中国人は平気で嘘をつくことの典型例です。

1回や2回聞いたくらいでは本当のことは教えてくれません。

・一緒に決めた日程やタスクの約束を殆ど守らない

まあ、約束は全くと言っていいほど守りませんね。一緒にコミットした日程や役割分担をドキュメントに書いて共有していても、全く意味をなしません。中国人と仕事をしていると、進捗管理という言葉は皆無だし、今まで計画通りに仕事が進んだことは一度もありません。

・自分が悪くても絶対に自分の非を認めない

明らかに相手の間違いだとしても、絶対に自分のミスは認めません。認めないだけならまだマシです。ヘタをすると、私の方に責任を押しつけてきます。

所詮そんなものと思った方がよい

以上のように、さっと思いついただけでも、日本人の常識が通用しないことが沢山出てきます。こんなことが度重なると相当怒りが溜まってきます。でも、「所詮、外国人はこんなもんだ」と割り切りの気持ちを持てれば、怒りを通り越して達観出来るようになるはずです。

私は、その領域に達するまでは、まだ時間が掛かりそうです。未だに、しばしば腹が煮えくり返っていますから(笑)

日本は自分の主張を世界に向けて発信するのがとても下手

阿吽の呼吸なんて言葉は、日本でしか通用しません。とにかく、相手に伝えたいことは、言葉で発信し続けなければいけません。

まとめ

ケントギルバートさんが言うように、日本人は外国人に舐められないように意識しないといけません。まずは、外国の人は、根本的に自分たちと違う思考を持ったものだと意識することが大事です。同じ人間だから、分かってくれるだろうという考えを持つと痛い目に遭います。

スポンサードリンク


この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

中国人とのトラブル揉め事と対処法(腹立つ体験から考え方を変える)

中国人はモラルが低いのかなど本当の中国が分かる日本人が書いた本

松浦弥太郎の本がお勧め「世界を仕事場」で中国米国フランスを知る

 - おすすめ本

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

藤原和博の評判の「本を読む人だけが手にするもの」簡単に上位10%

1ヶ月に1冊も本を読まない人が2人に1人ですって?こりゃ、ちょっと本を読む習慣が …

零細企業が大企業の競合に負けない(潰されない)方法を研究する本

弱小の零細中小企業が、大企業に潰されないようにするためには、自社独自の顧客リスト …

孫との付き合い方や接し方が分からなくて悩んでいる時にお勧めの本

孫への接し方が分からないという時に参考になります。 「祖父の流儀(ダンディズム) …

ホリエモンの本のおすすめ「我が闘争」の重要ポイントと感想

堀江貴文さん(ホリエモン)のことを誤解していなかったか? 堀江さんの本「我が闘争 …

心が病んだ時に読む本なら小林正観さんが一番!重要ポイントと感想

心が病んでいる時は、小林正観さんの本に限ります。自己嫌悪、鬱になりそうな時は早め …

本田健の本のお勧め「なぜあの人はいつも好かれるのか」のまとめ

人間関係に悩んでいる人、いつも憂鬱な気持ちな人は、必読の書です。 「なぜ、あの人 …

野村克也の本のおすすめ「師弟」宮本慎也との対談はビジネス書

仕事にやる気がなくなったり、気合いが入らなくなった時には、やっぱり野村さんの本が …

冨永愛の現在は過去のいじめや家庭崩壊を乗り越えた結果(お勧め本)

世界的に知名度の高いモデル冨永愛さん。テレビや雑誌で見かけるだけだと、輝いている …

子どもが精神障害になる家庭や両親の共通点は?押川剛さんの本で学ぶ

家庭内外で暴力を振るったり、暴言を言ったり、精神が異常になってしまった子どもの家 …

広告を出しても商品が売れない悩みを解決する広告事例集の本

「広告を出しても全然商品が売れない。毎回、広告費が飛んでいくだけだ」と悩んでいる …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.