Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

ブログ初心者におすすめの本(アクセスが来なくて止めてしまう前に)

   

ブログを運営しているが、「アクセスが集まらない」「収益が上がらない」と感じている
方は、絶対に読んでおいた方が良い本です。

「武器としての書く技術 イケダハヤト(著)中経出版」
武器としての書く技術―30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しいマル秘文章術

本書は、「月に10万円を簡単に稼げる」「1か月で10万PV(プレビュー)を簡単に達成する方法」などと言った類の本ではありません。逆に、「そんな上手い話はありません」と断言しています。ブログなどの情報発信をしてお金を儲けることは「楽して簡単に出来る訳がない」ということがよく分かります。

著者のイケダハヤトさんは、本音で書いてくれているので、読んでいて気持ちが良いです。

(アクセスが来なくて、)ブログの更新を止めてしまう前に、本書に出会えた方はラッキーです。

本書で、とても重要と感じた箇所を記載します。ブログ運営をしていく中での心構えです。

スポンサードリンク

ブログ記事作成の心構え

(1)誰にでも役に立つ記事は書ける

すごく平凡なことを言っているようですが、これが一番重要なポイントです。

平凡な日々の中にネタが隠れています。ブログを日々更新する習慣をつければ、自然とネタを探す習慣も身に付きます。習慣化すれば、もうこっちのものです。

なぜ一番大事かというと、これらの習慣を身に付ければ長期に渡って(いや、永久的に)ブログを運営することが可能となるからです。習慣化するまで、アクセス数や収益は一旦無視します。

本書でも書いてあります。殆どの人は数か月や1年以内で、ブログの更新を止めてしまうそうです。そもそも、ブログを更新すること自体を止めてしまったら、元も子もありません。

(2)「と思います」「気がします」をあまり使わないこと

他には、「個人的な意見ですが」「もしかすると」「気分を悪くするかもしれませんが」「様々な考えがあることは分かっておりますが」などもなるべく使わないこと。

理由は、刺さる文章になっていないから。万人受けするようなことは意識しないことが大事。

思い返せば、私はよく使っていました。この語尾を使っていた理由は、多分読む人の批判を恐れていたんだと思います。(⇒早速ここでも使っていますね(笑))

これからは、可能な限り「言い切り」を用いるよう注意します。婉曲的な表現は使わず断定していきます。

(3)読み手の思考を先回りする

文章を書いて、「そんなわけないだろ?」「それは違うでしょう」とか、読者が感じるだろう思いを、文書中に入れていきます。

本書では上級テクニックと書いてありました。でも、会話形式で記述出来るので、文章が上手く書けないなと思うときは使える手法と感じました。

 

その他メモ

・句読点と改行は、自然な感じでリズムよく。

音読してみて、変なところに句読点がないかのチェックが大事。また、改行も多用すること。読者が読みやすい文章になっているかを投稿前に確認する。

・「言いにくいことは」は、誰かが「言って欲しい」はず

批判を恐れず、どんどん発信すること。

・優れたブログの参考

「ホームページを作る人のネタ帳」「わかったブログ」「ネタフル」「gori.me」「The Startup」「バズ部」「ちきりんブログ」「脱社畜ブログ」

スポンサードリンク

まとめ

本書を読むと、「人の批判を気にせず、本音でどんどん情報を発信すれば良い」「もっと気楽な気持ちでブログを書いていけばよい」ということに気付かされます。この点が本書の一番の収穫です。

もちろん、ブログを書くためのテクニックも沢山書いてあります。でもそれより、ブログ運営をするモチベーションを継続させることに役立つ書籍です。

武器としての書く技術―30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しいマル秘文章術

 - おすすめ本

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

野村克也の本のおすすめ「師弟」宮本慎也との対談はビジネス書

仕事にやる気がなくなったり、気合いが入らなくなった時には、やっぱり野村さんの本が …

藤原和博の評判の「本を読む人だけが手にするもの」簡単に上位10%

1ヶ月に1冊も本を読まない人が2人に1人ですって?こりゃ、ちょっと本を読む習慣が …

広告を出しても商品が売れない悩みを解決する広告事例集の本

「広告を出しても全然商品が売れない。毎回、広告費が飛んでいくだけだ」と悩んでいる …

コンビニオーナーの実態を三宮貞雄の本で知る!店長の悲惨な現実とは

「会社を辞めて(脱サラして)コンビニのオーナー(店長)になってみようか!」と考え …

堀江貴文の本のおすすめ「君はどこにでも行ける」で日本と海外を知る

最近、テレビを観ていると「日本は○○で世界一」などと言って、日本の凄さを自画自賛 …

本田健の本のお勧め「なぜあの人はいつも好かれるのか」のまとめ

人間関係に悩んでいる人、いつも憂鬱な気持ちな人は、必読の書です。 「なぜ、あの人 …

貧困女子の実態や原因は何か?沢木文氏の取材本から共通点を探すと

何を基準に貧困と言えるのか、考えさせされました↓ 貧困女子のリアル(小学館新書) …

反応率の高い広告を作る方法は?人間心理学を勉強してコツを習得

もしあなたが、「売れる商品と売れない商品の違い」「ヒットする広告と失敗に終わる広 …

都会生活に疲れて田舎暮らしをしたいが仕事がなくて諦める前に読む本

もう都会での生活が疲れた。通勤電車も、人込みも、社会のスピードも。1回嫌になると …

冨永愛の現在は過去のいじめや家庭崩壊を乗り越えた結果(お勧め本)

世界的に知名度の高いモデル冨永愛さん。テレビや雑誌で見かけるだけだと、輝いている …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.