Enjoy Media Box

~ 面白く役に立つメディア エンジョイ・メディア・ボックス ~

*

自転車に幼児(子供)を乗せるのは危険!転倒事故に備えた対策とは

   

子どもを乗せた自転車の運転には危険がいっぱいです。お子さんがいるあなたも、このニュースを見て、心を痛められたでしょう。

東京都国分寺市の住宅街を貫く片側1車線の幹線道路。バスやトラックが行き交う場所で、6日午前10時ごろ、事故は起きた。

警視庁小金井署によると、近くに住む母親(33)が7カ月の男児を背負い、自転車で横断歩道のないところを横断中に、狛江市の介護職員女性(25)の乗用車と衝突。男児は背中からは落ちなかったが、母親が倒れた際、頭を打ちつけたとみられる。ヘルメットはしていなかった。自転車に大きな損傷はなく、母親も軽傷という。
出典:2016年5月12日 朝日新聞デジタル

上記事故については、自転車を運転していたお母さんが、交通ルールを守らなかったことが、事故の原因の1つです。ここでは、ルールを守っていたかどうかは横に置いて置き、安全に子どもを自転車に乗せる方法について考えてみます。

スポンサードリンク

自転車を乗せる時に子どもを守る方法

(1)そもそも、子どもと一緒に自転車に乗らない

特に、ヘルメットも被れないような幼児を乗せるなんて自殺行為。

自転車の代わりの交通手段なんていくらでもあります。

ベビーカーと引いて徒歩でいく。バスに乗る。電車に乗る。タクシーに乗る。もしくは、田舎であれば自家用車を使う。これだけで、交通事故に遭う確率をぐんと下げることが出来ます。

とは言っても、やっぱり自転車に乗る必要がある場合はどうするか?

(2)子どもには、必ずヘルメットを被らせること

子ども用のヘルメットなんて、数千円も出せばいいものが買えます。

ヘルメットを被れないような1歳未満の赤ちゃんを乗せる場合はどうするか?
今回取り上げたニュールのように、7か月の赤ちゃんはヘルメットを被っていなかったそうです。

(3)抱っこひもをする場合は、前側で抱っこすること

後ろ側に抱っこする(つまり、おんぶ)は止めた方が良いです。

どうしても赤ちゃんをだっこするなら抱っこひもで、赤ちゃんを前にして抱っこするのが良いです。そうすれば、もし母親が自転車から転倒しても、母親が姿勢を前に丸くしやすいので、赤ちゃんの頭を守りやすいです。

安全性の高い自転車を買うべき

今回の事故で気になったのは、母親が乗っていた自転車です。映像を見ると、ごくごく普通の自転車でした。いわゆるシティサイクルというものです。数万円も出せば買える普通の自転車です。

自転車に幼児を乗せるなら、大手メーカが出しているママチャリを買うべきです。一般的な自転車に比べてどっしりとしていて、衝撃に強く、安定性があります。

ちなみに、私は、ヤマハの電動付きママチャリを買いました。トータルで12万円~15万円ほどしますが、子どもの命を考えれば、必要な投資と思うのが賢明です。

この自転車のポイントは、タイヤの幅が太いことと、車高を低く作ってあることです。何が良いかというと、バランスを崩しにくく、転倒しにくいことです。重い子供を2人乗せていても、一般的な自転車に比べれば安定性は抜群です。

また、こどもを乗せる専用の座席があります。ベルトも装着出来るので、万が一子どもが転倒しても、ヘルメットをかぶっていれば、地面にダイレクト叩きつけられて、強く頭を打つことを避けやすいです。

まとめ

本当のことをいうなら、やっぱり、幼児を自転車に乗せない方が良いです。

でも、どうしても乗せる場合は、子どもを乗せる専用のママチャリを買う。そして、ベルトとヘルメットを装着して、可能な限りの安全対策をすることが大事です。

PS1.  まずは、今すぐ出来る対策としてこれをお勧めします。

子ども用自転車ヘルメット

PS2. 高いですが、子どものことを考えたら検討することをお勧めします。

ママチャリ

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

マンションの出窓から子供の転落を防ぐ方法とは

幼児の服の着せ方と安全な服の選び方(赤ちゃんにとって危険な服とは)

父親の育児参加に対する母親の不満理由ワースト3とその対策

 - 子育て

スポンサードリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

いつも子どもを叱ってしまい後悔する方へ!NGワードが分かる本

小学校に入る前のお子さんをお持ちの方は、必読の本です。子どもの自信・やる気をなく …

三輪車はいつからいつまで乗れる?買う必要があるのか?(経験談)

もしも、あなたが子供に三輪車を買おうか迷っていたら、この記事を読んでください。 …

レゴを買って分かった良い点と想定外な点は?買う前に検討すべきこと

この記事を読んでいるあなたは、 「わが子にもそろそろレゴのブロックを買ってあげよ …

幼稚園や保育園を嫌がる子供を無理やり連れて行ってはいけない理由

この記事を読んでいるあなたの子供も「幼稚園に行きたくない!」「保育園に行きたくな …

幼児向けに道路や線路の絵が描いてある絨毯カーペットのお勧めは?

もしあなたが、5歳未満のお子さんをお持ちで、じゅうたんをお探しであれば、これは非 …

ほっとるーむ(松戸)で幼児を遊ばせながら子育ての悩みを相談しよう

  「ほっとるーむ」を知らない、もしくは、周りに知り合いがいなくて自分 …

幼児への算数の教え方は?子どもが数学嫌いにならない簡単な方法

小学校入学前に算数の基礎をつけておくと、小学校入ってから、子どもにとって有利です …

子どものテレビによる悪影響が心配な人へ朗報!アニメの意外な効用

テレビの見過ぎは、こどもの教育に悪なのでしょうか?そんな心配をされている、小さな …

幼児の服の着せ方と安全な服の選び方(赤ちゃんにとって危険な服は)

子供(赤ちゃん、幼児)の服の選び方、着せ方のポイントを取り上げます。 「2016 …

ばっちゃん(NHK)広島の元保護司中本忠子さんの言葉が重過ぎる

2017年1月7日(土)放送のNHKスペシャル「ばっちゃん~子どもたちが立ち直る …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.